スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チーム箱館追跡ツアー #32 ~松前(福山)城(1)
ということで、レポ執筆方針を転換し、史跡探訪記に的を絞った箱館レポの続きです。
今までよりだいぶスピードアップしてお届けできると思います。
今年の夏、もし箱館戦争史跡巡りに行かれる方がいらしたら、間に合うといいんですが・・・

※道南地区南部の概要図はこちら
※写真は全てクリックすると拡大します。

折戸浜あたりからポツポツと雨が降り出しました。時間は既に午後3時近く。急いで松前城へ向います。

◆松前(福山)城◆ 所在地:松前町字松城144 交通:函館市内からクルマ約120分/
JR「木古内」駅からバス「松前ターミナル行」バス約90分「松城」下車、徒歩5分

街の中心部を走る国道から少し入ると、お城がある一帯に到着します。周囲よりやや高台になっていて、城とテーマパークである「松前藩屋敷」が隣り合っています。
最初は駐車場の場所がよくわからず、ちょっとウロウロしてしまいました・・・
松前城

松前城は、正式名称「福山城」といい、嘉永2年(1849)に幕府から築城を命じられて造ったお城です。
落成は安政元年(1854)。日本最北、最後の和式城郭です。
明治期に、天守など一部を除いて取り壊されましたが、残った部分もほとんどが昭和24年の火事で焼けてしまい、当初の建造物で現在も残っているのは本丸御門、本丸表御殿玄関、旧寺町御門(移築済)だけだそうです。
松前藩は、蝦夷地唯一の藩。農産物は寒冷地のためあまり期待できませんが、海産物が豊富であることから交易でかなり栄えていました。「松前の五月は江戸にもない」と言われるほど華やかだったそうです。

外に、城下の様子が分かる模型がありました。分かりやすいです。
福山城下の街


こちらが天守。復元です。中は広くはありませんが資料館になっていました。資料館の中には、アイヌ民族衣装や藩主装用の甲冑、地元出身の書家の作品など、いろいろな展示があります。
天守閣(復元)


お城の説明板。
福山城説明板


画像が多いので、記事を2つに分けました。
続きます。

次の記事は→こちら

スポンサーサイト
2007/06/19(Tue) | チーム箱館追跡ツアー2006 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1074-4cb1c3a2
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。