スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
箱館決戦記念日に、函館ネタをひとつ。
今日6月20日は。
旧暦明治2年(1869)5月11日。箱館決戦の日です。
※「昨年の今日」の記事はこちら
毎年この日になると、大きな雲が広がる空を見て、あるいはしとしとと降る雨を見て思います。ああ、夏が近かった季節だったのだ、と。

新政府軍の攻撃は、午前3時、有川から。夏至に近い日ですから、空が白み出す時間も早い。圭介先生は払暁から五稜郭を出陣し、現場指揮に走り回る。五稜郭に帰ってきたのは、夜8時過ぎでした。
寒川から大砲をひいて函館山を越えてきた新政府軍もすごい。寒川から上っていくのは相当困難だったと思います。しかも了介。現場にいた。これもすごい。

この日はどうしても歳さんの死、を思わずにはいられないわけですが、箱館決戦(総攻撃)の日ですから戦死したのは歳さんだけではない。
相当の激戦で、この日に箱館市街を失った箱館軍の陣地は、残すところ千代ヶ岡陣屋と五稜郭本営のみとなりました。新政府軍、リーチ間近になった日です。

ちょうど今日、ではなく昨日になりますが、日経新聞朝刊の最終面の文化面に、函館野外劇の記事が出ていました。野外劇の会理事長代行の、輪島さんによる野外劇の成り立ちについてのエッセイです。
函館野外劇は、ご承知の通り市民劇で、記事によれば「市民ボランティア400名、スタッフ100名、と毎年2月に行うオーディションで決めた配役」で運営されています。
10年目あたりから、内容のマンネリ化で観客が減るなど苦しい時期もあったそうですが、脚本の練り直しやテーマ曲の刷新などの工夫で客足が戻り、昨年は動員1万人を突破したそうです。
今年は20回目ということで、なんと

蟠竜艦を新造!!!

なんだそうですよ♪
いいなあ。観に行きたいな・・・

7月6日から8月5日まで、全10回公演があります。今年は高田屋嘉兵衛、榎本武揚らの末裔の方も出演されるとか。
私は行けませんが、観に行かれた方、是非レポをお願いします!!(相変わらず他力本願)
スポンサーサイト
2007/06/20(Wed) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

>高松飛鳥さん
今日が陽暦ベースでの、箱館総攻撃の日だということはあまり知られていないと思いますが、さすが高松さん♪さらにお参りとは・・・私の分もお願いしたいところです。
野外劇、練習頑張ってください。殺陣もさらに本格的になるようで、大変だと思いますがやりがい倍増ですね!!
いいなあ、野外劇、見るのも羨ましいですが出るのはもっと羨ましいです。。函館行きたい・・・
by: ままこっち * 2007/06/20 23:51 * URL [ 編集] | page top↑
--函館山。--

今日、総攻撃の日でしたので朝、函館山に登って朝日に黙祷してきました。後、高龍寺、碧血碑、土方歳三最後の地碑へと。
何か切なくなる日ですね。

野外劇は残念ながら見ることは出来ませんので、観劇レポートは出来ませんが・・・今年の殺陣は、本当にかっこいいです!!(私がやらなきゃ・・(笑))どんなのか教えたいほどにです!!(ネタばれになるので言えないけど。)
・・・私も、レポートみたいです。
・・・・・すみません、変な事書き連ねて。
by: 高松飛鳥 * 2007/06/20 21:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1076-d76517d6
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。