スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
第2回・板垣サロン。
サニー板垣様(@風林火山)ファンの皆様、お待たせしましたっ!!
第2回・板垣サロンの開催です~
今週の板垣様、出番は2回でした。

1回目:
諏訪上原城で勘助、由布姫の大叔父・諏訪満隣殿とのシーン。
由布姫が寅王丸を諏訪の跡目にと考えていることを懸念する3人ですが、勘助がお任せ下さい、と。
このシーンは特段何がどう、という印象は管理人的にはなかったんですが、改めて感じたのは、

・時代劇では、セリフ回しがゆっくりめのほうが重厚感が出て、それらしく仕上がる

ということです。
風林火山ではお屋形様はもとより重臣、他の大名、皆だいたいゆっくりめに話している。ほかのドラマはどうかしらん。。
例えば「組!」は三谷さんの脚本、セリフが普通より2割くらい多かったらしいし、出演者も若い人が多かったからか現代っぽい感じが否めません。まあ幕末ですんで戦国ほどの重厚感はなかったかもしれませんが。

2回目:重要シーンです★
大きくなった四郎が伊那を治める様子を、わざわざジオラマ(NHKコレ好きですね~「組!!」以来・笑)を作ってシミュレーションする勘助。
教来石改め馬場殿も、勘助の四郎様ラブ♪ぶりに呆れ顔。そこへ板垣様が登場します。
・勘助は四郎への思いが強すぎる
・傳役(もりやく)はいつかその役目を終える。その日のためにお仕えするのが傅役というもの。私利私欲のためにお育てするようなことがあっては決してならない

と、勘助を諌める板垣様。

ああーっ!!もう・・・「傳役はいつかその役目を終える」なんて、遺言じゃあないですかぁー(号泣)

もうひとつ、見逃せないのが次回予告。
甘利殿と2人、苦悩のご様子・・・自分たちの傳役としての行いが悪かったのか、、うーんそうじゃない、と思いますよ板垣様!とTVに向って言いそうになりましたよワタクシ。

皆様の活発なご感想ご意見を是非どうぞ!
※横レス勿論OKですのでどんどん書き込んでくださいネ★
スポンサーサイト
2007/06/28(Thu) | NHK大河「風林火山」周辺 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
コメント
-- --

>ひゅうがおんさん
もう第3回をOPENしちゃいましたが、7/1の勘助はデレ勘ぶりはどこへやら!でしたね。
やはりこの男は、戦場でこそ映えるんだな~と思いました。勿論、板垣様もです!(板垣様は、お屋敷の中でも素敵♪)
by: ままこっち * 2007/07/02 20:24 * URL [ 編集] | page top↑
--正装の板垣サマ~♪--

なんとはなしに、ぼーっと見ていた冒頭部分(反省)

どさ回り(爆)の公家2名の饗応での、狩衣姿の板垣サマ、ああぁ~その凛々しさ!!
再放送でもう一度観て、萌え~となりました(照)

で、その晩、お屋形サマと三条夫人は、三条家と三条西家について話しておられます。
ダークサイド晴信は、三条夫人の父上が左大臣になった「栄達」のことしか頭にない。
そのような、晴信の様子が心配でならない三条夫人。

キョクアトでは、デレ勘の一連のシーンとなる訳ですが・・・
もう、しっかりしろ!勘助(懇願)

明日(7月1日)の板垣サマにご期待するしかありませぬ!

手ぬるいぞ、勘助!(通称:ぬる勘>笑)
軍師としての自分を思い出せ、軍師・勘助!(通称:グン勘>えっ?)
コミカルな勘助が好きっ!(通称:カル勘>汗)
お屋形サマを天下人に!という、かつての熱い野望を思い出せ!熱い勘助(通称:アツ勘>そろそろ、しつこいですか?。。笑)

板垣サマ~!あなたの賢明なご教示で、デレ勘&ぬる勘を、グン勘やアツ勘に戻してくださりませぇぇぇ~(泣)

みつやん、どうしたらいいづらか?(しみじみ)
by: ひゅうがおん * 2007/06/30 16:50 * URL [ 編集] | page top↑
--ああデレ勘!--

私も、そう↑お呼びしてよろしいですか?(笑)。

ホントみっちゃん共々、回想シーンにて(←なんなら一回分、潰します?>爆)、デレ勘を正しき道へお導きくださりませ~。>板垣さま。<(_ _)>
by: yuki * 2007/06/30 09:14 * URL [ 編集] | page top↑
--おおっ!回想シーン♪--

ままこっちさん>
お陰様で楽しませていただいております♪

>討ち死にされても、回想シーンなどでいっぱい出て欲しいです!!

おおっ!なんと、前向きな提言v-63(汗)
そうです、そうです!!板垣サマなら、お屋形さまにも勘助にも近しい重要な存在。。
ことあるごとに、悩める二人にとって、かつての板垣サマの諫言・直言が救いになるはず(感想は個人差があります。。笑)
夢枕に立つのもOK~♪(えっ・・・)

デレ勘(お褒めの言葉、恐縮です)も、来週あたりで、お屋形さまの様子が違うのに気づきそうですから、今後に期待しましょう。
って、遅い??(泣)

板垣サマァ~!!愛情欠落幼少時を送ってきたデレ勘に、もっともっと正しい傳役・寵臣の在り方を教授してあげてくださりませ~(懇願)
by: ひゅうがおん * 2007/06/29 17:48 * URL [ 編集] | page top↑
--わーい盛り上がってる♪--

いいですねぇ~この盛り上がり♪

今ちょっと思ったんですけど、勘助って親にもあまり愛されずに育った過去があるので、「愛情表現の仕方を知らない」というのはアリだと思いますね。
それで限度を知らない、というか。。ひゅうがおんさんの「デレ勘」があまりにピッタリで噴出しちゃいました(笑)
板垣様の助言を聞き入れてくれるといいんですが。。お屋形様。。ブラック過ぎますからね、最近。ヒゲを生やしてからいやなヤツになってきちゃった(寂)
それにしても板垣様の出番があと数回なんて悲しすぎます。討死にされても、回想シーンなどでいっぱい出て欲しいです!!!
by: ままこっち * 2007/06/29 15:13 * URL [ 編集] | page top↑
--なんの、なんの(笑)--

本筋とは関係有りませんが・・・
デレ勘(デレデレ勘助の略)が、教来石改め馬場クンにジオラマ(笑)を披露し、説明している部屋に、
板垣サマが、静々と抜き足差し足で近づいて来るシーンは、往年の柳生十兵衛サマを思い起こさせられました♪
「柳生一族の陰謀」での家光の首を抱えてのとか(汗)

天下一の傳役(当社比。。笑)の板垣サマ。。
きっと、そのご苦労が報われる日が来ますよ~(祈願)

yukiさん>
ええ、是非これからもご一緒に板垣サマに着いて参りましょう!!
by: ひゅうがおん * 2007/06/28 17:19 * URL [ 編集] | page top↑
--はやまりましたか?私(笑)--

ひゅうがおんさん>
>勘助は、愛情表現の仕方と限度を知らないだけだと思います。
まさに、ひゅうがおんさんの仰るとおり!。
ほとんど今は、"執着"状態ですものね(汗)。
>出来れば、板垣サマ戦死の前にお願いします(泣きながら懇願)
どうか私もご一緒させてくださりませ~<(_ _)>。
by: yuki * 2007/06/28 15:53 * URL [ 編集] | page top↑
--お、遅れをとったぞい(笑)--

勘助は、愛情表現の仕方と限度を知らないだけだと思います。
だから、今は自分が慈母観音状態(爆)になっておりますが(しかもフルパワー・レベルで>笑)、でも、板垣サマのおっしゃるとおり、傳役は、傳役の要らなくなった時のために、つまり自立した武将になれるようお育てするもの。
いつか、勘助にもその板垣サマの真意が通じる日が来ますよ。

せめて、お亡くなりになる前に悟ってね(号泣)

お屋形サマも内憂外患で一国を治める者のプレッシャーで、ダークサイドの部分が強くなっておりますが、あの板垣サマがお育てしたお方。きっと、嫉妬や焦りを抑えて昔のような気鋭の戦国時代を代表する(と言われている)武将に戻りますよ~♪
出来れば、板垣サマ戦死の前にお願いします(泣きながら懇願)
by: ひゅうがおん * 2007/06/28 10:49 * URL [ 編集] | page top↑
--さっそくお邪魔させていただきます。--

>勘助は四郎への思いが強すぎる
確かにそれまでの勘助の人生は、愛に恵まれたとは言い難い(みっちゃんとの哀し過ぎる別離などは、その最たるものでしょー。)から、やっと愛情の発露を見出した四郎に対して、愛をほとばしらせる彼を理解できないわけではないのですが・・・。
でもやは り、四郎の立場は普通の子どものそれとは大きく違うわけでして・・・。
なんせ将来は、一国の主となるべき人間。
彼を育てるということは、ゆくゆくは彼が責任を持つであろう数多の人々の人生をも担うということ。
>私利私欲のためにお育てするようなことがあっては決してならない
だから今の勘助の愛を、「四郎と自分」しか考えてないと、一刀両断したのですね。>板垣さま。
さすがです!!。
こういう方の支えがあったればこそ、お屋形さまは領主との器量を積んでいけたのでしょう。
(今はちょっとブラック入ってますけど。>笑)
そして来週の予告シーン。
私も並び立つ2人を見て、ジーンときました。
板垣さま~、ブラックお屋形さまとジオラマ勘助を置いて逝かないでくださ~い(泣)。
by: yuki * 2007/06/28 09:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1086-29511968
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。