スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今度こそ、釜さん@「週刊日本の100人」。
この前図らずも(笑)板垣退助の回のみ買ってきた週刊日本の100人」。
釜さんの回をgetして、ようやく読みました。
まだザーとしか読んでいないのですが、この本。

かなーりオススメ!!です。

冊子は薄いんですが、中身が濃い濃い。箱館時代はもとより留学前、留学中、戦後、にわたってきちんと釜さんの功績&人となりを追っている。
さらに、カラー♪ってのがいいですよ。絵や写真(これはさすがにモノクロ)もいっぱいあって、私のお気に入りは「長崎海軍伝習所の図」と、「海律全書(の現物の写真)」です。それと、坊主黒田の写真(笑)
ほかにも、勿論開陽(開陽丸青少年センター)の写真や縁の人たちの紹介など。押さえておくべきポイントがちゃんと盛り込まれてます。

小ネタも満載。Akiさんとこで記事になった「鳥八十」ネタのほか、釜さんの特技、都々逸、長唄など(といっても、レベルは・・・爆笑※)の紹介。チャキチャキの江戸っ子な釜さん、外人相手にベランメェーと啖呵を切り、「ベランメェとは何ぞや」と辞書を引かせたとか(笑)、エピソードの紹介もあります。
※釜さんの作品「隅田川誰れを主と言問はば鍋焼きうどんおでん燗酒」でしたっけ←レベルは推して知るべし(スミマセン)

編集したのは誰なのか署名記事ではないのと、参考文献も「等」となっているのがとっても残念!なかなかよく出来た冊子です。560円。いいですね。

まだ読んでいない箱館ファン、エノカマファンは本屋に走れっ!
スポンサーサイト
2007/06/29(Fri) | 新選組&幕末維新関連書籍 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
コメント
-- --

>ひゅうがおんさん
慶喜公って人気ないんですよね。頭いいのに・・・
和宮は家茂公とすごく仲が良かったと聞きます。若くして先立たれたのは大変悲しかったでしょうね。
週刊日本の100人、あと20数人ですから多分もう誰を取り上げるかは確定済みだと思います。もし、もしケースケ先生が取り上げられたら、嬉しくて友達に電話、メールしまくりそうです(笑)
by: ままこっち * 2007/07/06 00:55 * URL [ 編集] | page top↑
--某大樹公もオススメ♪--

すでに、徳川慶喜&勝海舟もget済みですが、両方ともいいですよ~♪

仲が悪かったと言われている、天樟院篤姫&和宮も二人一致して、慶喜が大嫌いだったとか(笑)
それでも、和宮を徳川家の恩人として、東京に戻ってからは、墓参を欠かさなかった慶喜クン(涙)のエピソードとか。

勝海舟もいろいろ爆笑ポイントありです(苦笑)

あとは、大鳥圭介、中岡&久坂とか、幕末関係者の相網羅希望です♪
by: ひゅうがおん * 2007/07/04 17:22 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>julesさん
どうしていつも歳さんの写真は「坂上忍バージョン」なんでしょうか(爆)函館で借りてるからなのかな??佐藤家行ってくださいよー!って思いますけどね。
ケースケ先生のも出して欲しいです!!(懇願)世間の、「燃え剣」以来の悪しきイメージをここいらで払拭して欲しいところですっ!!!
by: ままこっち * 2007/07/02 20:18 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>えみこさん
getできて良かった良かった、私は取り寄せでしたんでね。出遅れるとイタイですよね、こういうのって。
鳥八十ネタは初めて知ったので、とても興味深いです。そう言えば鳥八十は上野ですんで、釜さんちから近いですもんね。
by: ままこっち * 2007/07/02 20:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ひゅうがおんさん
以前「日本の合戦」という別の出版社から出ていたシリーズのバックナンバーを8冊くらい一気買いして、やや失敗した(ミスが多いため)経験があったので、購読には二の足を踏んでいたんです。
でも、このシリーズなかなかいいですよね。個人的には西郷どんや大久保のほか、勝先生や某大樹公あたりの本も気になっています。
ビフォーアフターは、そのまんま出てましたね(笑)本の内容が戊辰フォーカスでなかったのが、とても良かったと思います。
もっとみんなに読んで欲しい!と思いました。
by: ままこっち * 2007/07/02 20:15 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>Akiさん
私も「海律全書」の写真に感動しましたよ~
江差の開陽丸に展示してあったのは、ドラマ「五稜郭」の小道具でしたが、ホンモノとはだいぶ違ってましたね(汗)
想像していたより薄い印象ですが、ちゃんと上下2冊あるところが・・・(涙)
by: ままこっち * 2007/07/02 20:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

>まやこさん
「日本の合戦」よりもはるかに高いクオリティでしたね(笑)侮ってました。
釜さん、やっぱりいいですね。私もますます贔屓になりましたよっ!総裁っ!みたいな。
by: ままこっち * 2007/07/02 19:59 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

まだちゃんと読んでないのですが、歳三の写真が相変わらず修整写真なのが気に入らず・・・(笑)
さすがに、「牢獄から出た直後の太ってしまっている釜二郎」の写真は無かったですね(爆)!
この勢いで、ケースケも出してほしい!!

by: jules * 2007/07/01 09:35 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

私も買いましたよ~。
ままこっちさんのブログで知って、慌てて本屋に行ったら一冊残っててニンマリ。
でも「あ~売り切れかぁ、やっぱり当然だよね~」と、心の中でつぶやく準備万端で行ったので、ちょっぴり寂しかったり・・・。
このシリーズは薄い割には結構、充実してますよね。
でも、それだけ釜さんの生涯が濃かったということなんでしょう。
それにしても、「鳥八十」の話は驚きでした。
初めて知ったので・・・。
イバハチと会ったことあったのでしょうか・・・?
会っていた上で「評判悪かった」んだとしたら・・・(汗)
色々と想像しちゃいますね。
by: えみこ * 2007/07/01 00:13 * URL [ 編集] | page top↑
--ドロンケン~♪ハイネケ~ン♪--

やっと、私も読みました!!
このシリーズは、結構ハズレがないので、今まででは買う事のない、西郷&大久保の薩賊ズ(汗)も、ここで揃えました(この二人の資料はこれで充分。。感想には個人差がございます。。笑)

釜さんの人生を戊辰戦争ビフォア・アフター(苦笑)程よく網羅してあって、読みやすいですね~♪

今回の個人的ツボは釜さんのシベリア横断での日本帰還でした。
我が愚兄が、渡欧する時、飛行機嫌いでしたので、横浜から船でハバロフスクへ、それからシベリア鉄道に乗って、西ベルリン(当時)へ行ったのでした(飛行機嫌いも程がありますねぇ~。。汗)

釜さんが、鉄道が敷かれる前のシベリアを横断していたのを知って、大変だったけど、きっと色々調べながらで楽しかっただろうな~と推察されます♪
(鉄道の旅は、味気なかったそうです。ず~っと変わらない車窓。。汗)

釜さん関係の東京散策も楽しいだろうな~♪
(酒がまったくドランケン出来ない自分がこの場合しごく残念ですが。。涙)
by: ひゅうがおん * 2007/06/30 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

釜本(爆)ゲットおめでとうございます!
薄いわりにネタが充実&フルカラーが魅力ですよね~。

といっても、私が食いついたネタは
仰るとおりイバハチがらみだったのですが(笑)。
海律全書のオリジナル写真には感動しました。
by: Aki_1031 * 2007/06/30 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

ままこっちさん、こんばんは。
わたしもこの本を買って読みました。
正直言って「週刊日本の100人」のような歴史モノの分冊百科は、記述の間違いが結構あるので、あまり期待していなかったのですが、今回は「デ○ゴスティーニジャパンを侮っていた…」と思いました。
この本を読んでますます釜さんファンになりました。

坊主頭の黒田さんの写真はわたしも結構好きです(笑)
あと、中表紙の釜さんと、たつさんの写真は彩色写真だと思われます。

わたしもこの本に関する記事を書いたので、後でTBさせていただきますね。
by: まやこ * 2007/06/30 00:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1088-c7beb127
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。