スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
意外と疲れているらしい。
先週の後半くらいから、左の腕から肩にかけてちょっと痛みがありまして。
特に子どもを寝かしつける時に、腕枕をしたり手を床についたりすると痛いなぁと思っていました。
トシがトシです(今年39歳)んで、まさかとは思うけれど「四十肩」だったりして!?

・・・なんて危惧してもいましたが、昨日になってなんと、肘にポツポツと赤い発疹が出てきました。

こ、これは・・・「帯状疱疹」かっ!?
以前、やはり産後3ヶ月くらいの時にやったんですよ。。6年前です。
もし帯状疱疹だと、学校や保育園、保健所など子どもや赤ちゃんが集まる場所には行けなくなります(水ぼうそうになってしまう可能性があるため)。

慌てて皮膚科に行ったら、やっぱり「当たり」でした。
でも、先生いわく「帯状疱疹は、普通は一生に1回しかかからない」そうです。再発するのはかなり稀(100~200人に1人くらい。といっても近年増加傾向にはあるらしいが)だそうで。
また稀、ですか・・・ハァー。後腹膜腫瘍といい、「稀な病気」に好かれているのかワタクシは・・・

前回は帯状疱疹に気付くのが遅くて、ピリピリしている左の肩にバンテリンを塗ったり(当然ながら全く効果なし)してました。
が、今回はすぐ気付いて対処しているので、早めに治るのではと思います。

疲れていたりして、免疫力が低下しているとなりやすい病気なんですけど、自分自身ではあまり疲れを認識していない。
それがマズイんですかね。。いつまでも若くないのだと再認識させられました。
最近は読書や調べものなどで夜中2時頃まで起きていることが多かった(睡眠時間、平均4時間くらい)んですが、何とか当日中に寝るようにしたいと思います。
スポンサーサイト
2007/07/11(Wed) | 日々徒然 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
コメント
-- --

>ひゅうがおんさん
おかげさまで食欲は普通にあり、この1週間で1kg増えました(汗)
むくみが出てると思うんですね、自分でも体がだるいというか重い感じなんです。
この連休の台風が過ぎれば、いよいよ夏到来だと思いますので、なるべく外へ出て運動と気分転換をしたいです。
by: ままこっち * 2007/07/14 15:12 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>julesさん
手芸のせいではないので大丈夫ですよ~!
前回も同じ場所(左腕)だったんですよね。こういうのって弱い部分に出るんでしょうか。
しかし先日の腫瘍も神経系だった(神経鞘腫)ということは、自分は神経系が弱いということなのかな・・・と勝手に思っています。
by: ままこっち * 2007/07/14 15:10 * URL [ 編集] | page top↑
--そうです、よくある病気です--

そうです、そうです、誰でも疲れている時にかかりやすい病気ですよ~

疲れを取る、栄養たっぷり&甘い物を食べて、なるたけ(今の状況では難しいでしょうが)、
ゆっくりして(心も身体も)いれば、治りますよ~♪

我が一家は「魚食派」、おじはコテコテの「肉食派」(笑)ですので、普段の食生活とかは関係ないと思います。

身体が、「疲れてますよぉ~」というサインだと思って下さい。

ちなみに、どんなに疲れ気っても、回りが「帯状疱疹」人間に取り囲まれても、一切、症状が出ない私は、なんなのでしょう??
by: ひゅうがおん(まもなくHN変わります♪) * 2007/07/13 20:29 * URL [ 編集] | page top↑
--なんか、責任感じる・・・・--

も、も、もしかして・・・
手を使いすぎたから、ですか????
私のせいだったらどうしよう・・・・(涙)
と、とても心配です。。。
by: jules * 2007/07/13 14:42 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>蒼鷹さん
いらっしゃいませ~
蒼鷹さんの南柯紀行現代語訳、実はこっそり拝読していました。お互いこっそり読みあっていたというわけですね(笑)
箱館戦争史料集、ここへ来て投票がちょっと増えて、あと1人まで来ましたね!!もうちょっとですね。復刊されることを切に希望します。
体調へのお気遣いありがとうございます。若くないので、あまり無理しないようにしたい、のですが子ども2人というのは意外と手がかかるな、と感じる毎日です。
早く職場復帰したほうが多分、精神的にはラクかもしれません。。
幕末戊辰ネタ以外の記事も結構書いていますが、懲りずにまたお書き込み下さいまし。
by: ままこっち * 2007/07/13 00:39 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>ひゅうがおんさん
ええー?身近にそんなに再発経験者がいらっしゃるとは。ちょっとビックリですね。でも安心しました。「稀」ばっかりだと嫌になってしまうし。
帯状疱疹は、年を取るほど治りが遅く、また神経の回復状態もよろしくないそうです。少しでも早く気付いたら病院へGO!が一番ですね。
今回は早めに気付いたかな、と思うんですが、思い起こせば先月下旬から左側の背中がしびれていたのも、症状だったのかなあと思います。金曜日病院に行くので、それも聞いてみるつもりです(発疹は出ていなかったので、気付かなかったんですけどね)
by: ままこっち * 2007/07/13 00:35 * URL [ 編集] | page top↑
--お大事に--

『浅学菲才』の蒼鷹です。
先日は弊ブログにコメントくださいまして有難うございました。
実は此方へは、ほぼ日参状態でおります。いつも楽しみに読ませていただいていたのですが、ずっとROMでした。す、すみません(汗)

教えていただいた『箱館戦争史料集』の復刊リクエスト数も99人までこぎつけたようです!何とかこの勢いで復刊が成って欲しいですね。

私もままこっちさんと似た年齢なので、いつまでも若くはないと認識しております。確かに無理は利かない年齢ですね(お為ごかしは申しません・苦笑)
しかし年齢云々ではなくて、出産や病気の後で体力が落ちていらっしゃるのではありませんか?どうぞ充分にご自愛くださいね。
加えて“お母さん”はついつい無理しがちなのだと思います。お子さんにとって“代われる人”は居ませんから、体調管理には充分にお気をつけ下さいませ。
by: 蒼鷹 慧 * 2007/07/12 00:28 * URL [ 編集] | page top↑
--我が母、大噴火!--

たびたび、スミマセン(恐縮)

我が母が、事態を聞いて心配&大噴火しております。
抗体が消えるのは2年ぐらいなんだそうです。
疲れている時、症状が出やすいのはお分かりでしょうが、
再発するのは、かなり稀で100人に一人、近年は増加傾向と言った皮膚科先生に我が母が憤慨しております。

母も、兄も、父に至ってはトータル3回、母方の叔父も複数回、帯状疱疹を患っております。
これが、「かなり稀で100人に1人」の状況と思えますか?
我が家の体質?(父と叔父に血のつながりナシです)

皮膚病も、色々あって、それに対応する処置も日々時々刻々、変化&進歩しております。
ですから、専門医でも「再発は稀」という知識を更新されていない方がいてもおかしくありません。
我が家では、最初にかかった医者が「帯状疱疹」に対する知識が薄く、父は重症になりました。
別の医者に行くと「何故、早く来ない!!」→即、入院でした

できれば、セカンド・オピニオンとかされた方が良いのでは??

ちなみに、この一族の中で、私は一回も、帯状疱疹になったことがありません(苦笑)
「お前は、実の子じゃない」と帯状疱疹のことが話題になるたび、言われます(汗)
40のオオダイに乗った娘に言うセリフではないですね~(爆)
by: ひゅうがおん * 2007/07/11 19:29 * URL [ 編集] | page top↑
--帯状疱疹を甘くみてはいけません!--

す、すいません!慌てたせいで、誤って、クリックしちゃったようで・・・(恐縮)

帯状疱疹が一生に一度しか、掛からないですって~!!
我が老父は、年を取っているせいもあって、3度やりましたよ!
しかも、1度目は酷い状態で、半身不随のような重い神経痛が後遺症として残りました。。

帯状疱疹の免疫力は3,4年で切れてしまうので、一度かかったからと、油断してはダメですよ~
我が兄も入院しましたが、それから数年後の父の時は、再発を恐れて、病院に寄り付きませんでしたもの(親不孝者~怒)

菌が目に入れば、最悪も場合、失明もしますし、単なる神経的痛みを伴う皮膚病と思っててはいけません!!

と、かなり、脅かしちゃいましたが、今は大変優れた、薬が開発されたりしているので、きちんと養生すれば大丈夫ですよ。

お大事に~♪
by: ひゅうがおん * 2007/07/11 16:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

メッセージをどうぞ
by: ひゅうがおん * 2007/07/11 15:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1102-566e2114
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。