スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
会津もの舞台「戊辰残照」を鑑賞。
連日猛暑の東京地方でございます・・・
夕べも暑かったー!皆様お元気にされてますでしょうか。

さて、その猛暑の中。
週末の土曜日はこちらでご紹介した、劇団め組の会津もの舞台「戊辰残照」@新宿サザンシアターに行ってまいりました。(マチネです)
戊辰残照でもらったパンフ類


去年の丁度今頃、同じく会津ものの舞台(エルプロダクツさんの「はなさかづき」)を観ました。1年経つのって早い・・・
今回の公演の情報は、Akiさんに教えていただきました。ありがとうございます~
※「はなさかづき」関連記事はこちら:
舞台の感想
号泣必至!「泣血氈」のFLASH紹介

以下、感想です ※ネタバレあります
お芝居はこんな感じです↓

ストーリーと登場人物
鳥羽伏見以降、会津鶴ヶ城開城までの会津戦争の流れを追う。
会津藩士「大庭修理」が主人公(架空の人物)。ほか、会津方では容保公は勿論、西郷頼母、萱野、梶原、山川など家老クラスや秋月君が登場。
幕府方からは、上様(徳川慶喜)、春日左衛門(当時彰義隊)。
西軍からは、板垣(土佐)、伊地知(薩摩)、ちょっぴり桐野(薩摩)。
女性陣は照姫様、中野シスターズ(竹子&優子)、山川とせ(大蔵の奥さん)、西郷家の人々、白虎隊士の母親など。
新選組からは、歳さんと斎藤が出てます。

上演時間:約2時間20分 休憩なし

前日の初日を観劇されたAkiさんからメールで「大きめのタオル持参を推奨、お笑いゼロ、泣いている人多数」との情報をもらったので、タオルハンカチを3枚持っての出陣。
でしたが、何とか踏みとどまりました。ちょっとウルウルきたところが2ヶ所ありましたけど、ハンカチで目を拭うまでには至らず(成長した!)

話の筋は総じて史実をなぞっていました。2時間半弱の舞台ですし全体的なまとまりはあったと思います。
とはいえ突っ込みどころは結構ありましたけどもねー。観劇されていない方が多いので詳細は割愛しますが、サラッとまとめますと

良かった点:
・音楽。始まる前から泣きそうですよ・・・物悲しさをうまく表現していたと思う。
・男性が出演する会津ものの舞台を観たのが初めてで、殺陣などの見せ場は堪能できました♪なかなかカッコよかった。
・上述の通り話自体はまずまずまとまっていたと思います。
・上様の描き方。彼なりに苦労(苦悩)していたんだなーと思いました。その点では比較的好意的な表現だったような。
・佐川官兵衛(通称鬼官)。超ワイルド。役者さんピッタリ!多分一番リアルだったと思う。
・伊地知。白河口最大の功労者(西軍側)、普段は地味目なのにめちゃカッコよかった。作者は伊地知ファン??
・桐野利秋(中村半次郎)。最後の降伏式の時にちょこっと、だけだったけど、出してくれてありがとう★(実は中村半次郎贔屓)
・大鳥先生。台詞中に名前が1回だけ出ました♪(「大鳥隊1300をもってしても・・・」)

うーんどうでしょうな点:
史実を出すとキリがないので、芝居の筋立て以外で気になった点だけを書きます。
・全員断髪な会津藩。殿様(容保公)まで。ヅラは予算外なんでしょうか・・・女性は髪結ってましたけど。
・歳さん。何故か和装で奮闘。
・斎藤。狂言回し的ポジションであることを差っ引いても、仙台にいるというのはどうでしょう・・・
・梶原殿。家老の中ではオチ担当?実際にはいろいろと働いているので、もうちょっとその辺を描いて欲しかった。。
・泣血氈のシーンで容保公と一緒に照姫が登場。ん??

男性陣の髪型が断髪なだけで一気に現代モードなんですよね・・・これはかなり残念でした。
まあでも芝居ですんでね。こういう舞台を観て、幕末の会津藩に興味を持ってもらえればよし。

しかし会津はですね~行ったことのない方は、是非行ってみてください。行かないとあの風土感とか雰囲気は分からないと思います。
すごく独特です。個人的に会津の藩風は、あの土地だから培われたものだと強く感じます。

「風」と「土」と書いて、「風土」。
会津に行くと土地の持つ力を感じずにはいられません。だからなのか、また行きたいです(食べ物も美味だし)。

もらった団扇の裏です。
会津の風を感じてください


オマケ:
会場で配っていた会津のパンフレット集に、鶴ヶ城のものがありまして、当面の企画展の予定が出てました。詳細はこちら
秋の企画展、刀匠の特集では兼定(古川兼定)も取り上げられます。
また、来年は戊辰140年ということでやはり秋に企画展があるそうです。
来年は戊辰戦争140周年!

これは行きたい!!!
スポンサーサイト
2007/08/06(Mon) | 「組!」以外の幕末維新もの映像・演劇 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
コメント
-- --

>時田さん
公演お疲れ様でした!
会津は本当に、何度も行きたくなりますね。不思議な場所ですね。
京都も函館もいいんですが、会津が一番、当時に近い何か、がある気がします。
来年の企画展は絶対行きたいです!!!
by: ままこっち * 2007/08/10 00:03 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>リューザキさん
東京ドームでもちょっと、となると観劇全般は厳しいですね。。
DVDなどになっていれば、楽しめるんですけどね。
by: ままこっち * 2007/08/10 00:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

時田です~。レポート読んで私も会津に行きたくなりました~(>_<)
一度行ったらすぐまた行きたいと思う、不思議な処ですね、会津。
by: 時田 * 2007/08/08 15:06 * URL [ 編集] | page top↑
--どんだけ~(無念)--

ままこっちさん、情報ありがとうございます♪

しかし、状況にとさまざまな条件によるのですが・・・
私にとっては、東京ドームも立派な閉所です(爆)
どんだけ~(汗)と、我ながら思いますが・・・(笑)

自分の家の車も不得意です(これは、母の運転の賜物でもあるのですが。。)
by: リューザキ * 2007/08/08 09:25 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>孫八さん
わーい「ムダにカッコイイ」孫八さんだっ!いらっしゃいまし~
エルプロさんのはなさかづき、には本当に泣かされました。彼岸獅子の舞もすごくよかったです。
今年のめ組、は、私も成長したのか?何とか踏みとどまり、落涙はしませんでした。
しかし舞台や映像作品を観るほど、会津に行きたくなりますよね・・・不思議な土地、ですね。
今年行かれるんですね!(会津まつりでしょうか)私も、今年は難しいですが来年の戊辰企画展には是非行きたいと思います!!!
by: ままこっち * 2007/08/08 00:53 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>リューザキさん
ハコの「サザンシアター」は狭い劇場ではないので、閉所恐怖症の方でも大丈夫だと思います。多分収容人数が100~150名くらいだとかなり厳しいと思いますけど・・・
芝居は再演だそうで、会津ものの舞台って時々公演があるんだなあと思いました。他の劇団でも、やっているところがあるかもしれないので、今後も要チェック!です。
by: ままこっち * 2007/08/08 00:51 * URL [ 編集] | page top↑
-- --

>Akiさん
お芝居の情報から事前情報まで、いろいろとお世話様でした★
髪はねー・・・せめて慶喜公と容保公のお殿様コンビには月代剃っていて欲しかったです。大蔵なんかは洋行帰りだし、断髪でもオッケーですけど。
隻腕の殺陣、カッコよかったですね。きっと、きっと某御仁も・・・(涙)
またウザトークしましょう!!!合宿したいっ(マジモード・笑)
by: ままこっち * 2007/08/08 00:48 * URL [ 編集] | page top↑
--「戊辰残照」--

こんにちは~
「戊辰残照」で検索してたらまたたどり着いてしまいました(笑)
会津好きとしてはこのお芝居すごく気になってたんですが、残念ながら自分とこの公演と日程が丸かぶりで行けませんでした(>_<)
男性の殺陣はやはり迫力あるんで見てみたかったです…あとその超ワイルドな官兵衛さんも(^-^)

戊辰140年の企画はぜひ行きたいですねー!
秋にまた会津行くつもりなんですけど…これは来年も行かねば(笑)

by: 結城孫八@はなさかづき * 2007/08/07 16:19 * URL [ 編集] | page top↑
--閉所恐怖症(汗)--

2時間20分・休憩なし・・・

文字を観ただけで、呼吸困難に陥りそうです(泣)
すごく観たいのですが、無理ぃぃぃ!!

生放送の1時間ほど、それも万が一の場合、退出できると分かっていないと駄目だったりします。

「土スタ」とかぐらいが限界ですね(涙)

昔は、4時間30分のオペラとか(休憩あり)観ていたのですけど・・・

記事読まさせていただいて、妄想しまくります!(汗)
by: リューザキ * 2007/08/06 23:23 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

ままこっちさん、こちらこそメールありがとうございました♪
あの髪型だけはいただけないですよね~。
あそこまで¥かけるなら、
ヅラの1つや2つ用意できるだろうに…。

>「大鳥隊1300をもってしても・・・」
うわっ。それには気付きませんでした…。
さすが大鳥スキー!(笑)
かくいう私も、「隻腕」ってだけで
某御仁を思い浮かべておりました(笑)。
次回、お芝居があった時には是非ご一緒したいですね~。
その後はウザトークをしましょう(笑)
by: Aki_1031 * 2007/08/06 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1134-b99950d5
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。