スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっと一息・・・
絶賛更新停滞中です(平伏)

・・・が、ヤマ場の「プログラム&ポイントカード」の印刷が終わり、
私の担当領域はだいぶメドが立ってきたといったところです。

今日はベビーのポリオワクチン投与日で、PTAはちょこっと顔を出す程度で勘弁いただきました。少し時間に余裕があって嬉しい。
来週末がイベントなので、直前となる来週は混乱も予想され・・・なるべくそうならないようにしているつもりですが。

ちょっと余裕が出来たので、たまったドラマ録画をボチボチ見ています。
◆木曜時代劇「風の果て」#1、#2
これ、

イイーーーー!!!!

です!かなり気に入りました。
重厚です。濃厚です。
前クールの磐音がライトだったのと真逆です。でも私はライトなものより、こういう重厚な時代劇が大好きです。というより藤沢周平の世界が好きなのかも。前作と同じ放映時間(尺)とは思えないほど、密度の濃い時間が流れていきます。
テイストは思いっきり藤沢節だと思います。それが、秋の季節感ともあいまって何ともいえずいい味わいを出しています。

特に、桑山孫助(主人公のお嫁さんのお父さん)役の蟹江敬三さんが最高です!ピッタリです!!!
隼太(のちの桑山又左衛門。主人公)役の福士さん、りりしい~★ほかのお友達の皆さんも、若い下級武士(杉山殿だけ上級ですが)を魅力的に演じていてス・テ・キ!!

未見の方、おすすめです。原作本買っちゃおうかな。
風の果て〈上〉 (文春文庫)
風の果て〈上〉 (文春文庫)
風の果て〈下〉 (文春文庫)
風の果て〈下〉 (文春文庫)


あっただし、藤沢周平の世界がお嫌いな方には、多分ダメだと思います。。

◆土曜ドラマ「ジャッジ」#2、#3
Dr.コトー風な作品です。
見ていると結構面白いです。地味ですけどね。
裁判官が主人公のドラマってほとんどなかったそうです。裁判官の苦悩や島(奄美大島の話)独特の風土、空気感、人間関係、など、大阪時代はバッサバッサと案件を片付けていた主人公・三沢判事がだんだん島に慣れて、成長していく姿が丁寧に描かれています。
こちらも余裕があればオススメです。日常に疲れた方向けかな。

風林火山#43「信玄誕生」
のっけから大爆笑!!!!!!
avan(ウタノマエ)のシーンがそのまま、タイトル(ウタ)の「疾きこと、風の如く」の台詞につながっているーーーー!!!
いいのかNHK!?こんなに面白くていいんですか??(いいんです★)

しかしリツ殿が可愛らしくて、しっかりしていてとっても魅力的。
勘助、本当にムスメでいいのか!?ヨメでなくていいのか!?

お話のほうは
・景虎がついに関東管領・上杉憲政殿から関東管領の職と上杉の姓を譲り受け、再度上洛
・川中島は相変わらず決着つかず&和議成立の条件として晴信さんが「信濃守護」になることを飲ませた武田家、満を持して晴信さん出家&一部の家臣ズが追随(剃髪ブラザーズ、初登場★)

といったところです。
寅王丸が久しぶりに登場していました。来週も出るみたい。

働きマン、今日は録画でーす♪
なぜなら皆様、今日の「その時」は奇兵隊ですよん。

というわけで
まだまだ更新頻度は落ちこみ中ですが、気長にお付き合いのほど
よろしくお願いします。。。
スポンサーサイト
2007/10/31(Wed) | 日々徒然 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

>リューザキさん
最近の風林火山は、必ずお笑いの場面があるのでもう、狙っているとしか思えません!!!
それで尺が足りなくなって、1話増えたのではと思ってしまうほどですよ・・・
そういえば舞台にもなるんですよね。人気ありますね。
風の果て、はいかがでしょうか。私は藤沢周平が割りと好きなので、どっぷりひたっています。#3でエンケンが出てきた時は叫びそうになりました(爆)
by: ままこっち * 2007/11/02 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

お疲れで~す♪

ね、ね、「信玄誕生」笑えたでしょv-63
リッちゃんをどう処遇するのでしょうね、勘助クンいや、道鬼は・・・
今のところ、ことごとくリッちゃん・ペース♪
伝兵衛&葉月コンビも気になるけど。
(今回の伝兵衛、グッジョブ!寝ぼけてるだけだけど)
そして、平蔵一家に平安と幸せな生活はくるのでしょうか?
宇佐ジイの攪乱作戦の結末は?

「働きマン」も楽しく見てます♪
明日は「風の果て」を遅ればせながら、初視聴!
今、BSで再放送している「腕におぼえあり」みたいな、
ライト・テイストだと、藤沢作品苦手な私にも取っ付きやすいけど。
がっつりな作品みたいですね(汗)

母のために「風林火山」の録画した物を見せたら、
ちょうど「腕におぼえあり」の再放送時間。
忍芽役の清水美砂さんをビフォア・アフターで拝顔(汗)
ほんの一瞬だけ、弟役の香取局長☆
(こちらも、ビフォア・アフター。。笑)


それでは。ままこっちさん、あともう少しガンバレ☆
by: リューザキ * 2007/10/31 15:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1200-77deb2a5
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。