スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「佐々木夫妻」#9 ~い、い、いのきぃー!(叫)
多分初レビューです。「佐々木夫妻」でございます。
初回のみ見逃しています。初回でリタイヤの方も多かったようですが(汗)、私は好きで毎週見ています。
このドラマの面白さが分からないのは気の毒だーーーと思うほど気に入っています。

で、早くもラス前の#9。

もうこの一言に尽きますね↓
い、い、いのきぃーーーーーっ!!!

もう、いのき♀のための回でしたよホント。

話のほうは、
・泥沼化する夫婦ゲンカがついに離婚裁判に発展
・りっちゃん先生は出産直後から赤ちゃんを育てながら猛烈に働く(「授乳弁護士」!)
・周囲はりっちゃん先生を支持する人が多くて法センセは証人確保に四苦八苦
・ようやく桜庭君が証言してくれることになるけど、りっちゃん先生からも頼まれて板ばさみ
・結局直前になって証人を降りてしまった桜庭君
・法センセの証言は「自分で吹き込んだICレコーダの日記」、そのあまりの細かさ&長さに裁判官も辟易(笑)
・りっちゃん先生は猛烈に働きながらも頑張って育児中。でも完璧にはできなくて、ストレスも増大
・・・ってとこです。

とにかくいのきな回だったわけですが、
いのきの台詞が秀逸。

・いつまでも赤ん坊の人間はいない。だんだん出来るようになってくる

そうううーーなんですっ
全くそのとおりなんですっ
介護とは反対なんだよ育児はーーーっ
介護って「出来てたことが、だんだん出来なくなってくる」。だから煮詰まりやすい。だから大変。
しかも長期ですよ。
でも育児は逆なのだ。動けなかったのが、動くようになる。立てなかったのが、歩き出す。走り出す。
しゃべりだす。

だから、大変なのって本当に短い期間ですよ。「お世話」の意味では。
別の意味で手がかかるようになってきますけどね・・・(しみじみ)
さらに大きくなると、手はかからないけどカネがかかる(汗)

私も一応働くママ歴7年です。
上の子(奇遇にも佐々木家ご長男と同じ名前・爆)は生後4ヵ月半から保育園に通いました。
1歳半くらいまではしょっちゅう熱を出したりして大変でした。誤飲はなかったけど。
(下のベビーは誤飲危険度はお兄ちゃんより数倍高そう)

何度もキーッってなりましたよ。いや、赤ちゃんに対してというより、うまくバランスが取れない自分に対して。
そりゃごみ箱蹴っ飛ばしたくもなりますよ。そういう時だってある。
しかもりっちゃん先生は事務所の売上を全て稼いでくる人。尚更「自分が頑張らないと」の気持ちが強いはず。
もともとの性格もあるかもしれないけど、りっちゃん先生。一生懸命やってるんですよ。彼女なりに。
いのきはそれを見ているんだけどなぁー・・・心配なんでしょうね、「大事に至らないかどうか」が。
稼ぎはあるんだから、いのきに手伝ってもらうだけじゃなくて家政婦さん雇えばいいのに。
それをしないのも「自分が面倒を見なくちゃ」の責任感からなのか。。。

一方の法センセ。
保育園で遠巻きに我が子の成長ぶりを確認したりしていますが、ううーん
まだ「親権が欲しい」ことにこだわっているのかな。。
でもねーやっぱり「子どもを産ませて、奪い取る」のはよくないと思いますよ。
「産んでくれてありがとう」の気持ちはないの??お産はそれは大変ですよ(出産シーンはかなりリアリティがあったと思う。ドラマとしては大変よく出来ました)

この夫婦、ケンカでコミュニケーションをとっている部分があるから、別居が長くなると厳しいですよね。
ケンカすることでストレス発散&理解を深めているのに。。
本当はこんなはずじゃなかった、と双方とも思っていると思います。けど、坂道を一旦転がりだすと加速がついて、ブレーキがきかなくなる。

来週はいったいどうなっちゃうんだーーー!!
最終回っすよ。子どものことを一番に考えてあげてね。

それにしてもリアルでない点もいくつかあれど、基本路線が結構リアリティがあるから
レビューを見ても「日曜夜にこんなドラマは見たくない」とか書かれちゃうんじゃないかな?
と勝手に思っています。
そのくらい、心にズシンとくるものがあるドラマです(私にとっては)。


スポンサーサイト
2008/03/17(Mon) | その他演劇・映画・TV | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
--No title--

>リューザキさん
私はどちらかと言えば、りっちゃん先生を応援しているんですが、
りっちゃん先生の良さは、ノリセンセと一緒にいることで発揮される面も多々あると思うので、
ここはお互い水に流して、お互いの不得手なところをフォローしあうという、夫婦の基本に立ち返って欲しいなあーと思います。
どうなりますか、最終回は・・・
by: ままこっち * 2008/03/20 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

>aquanさん
面白いでしょ?面白いよね「佐々木夫妻」。全体的に何だか妙にリアルで。
特にりっちゃんの出産シーンが結構リアルだと思いました。お産が終った後に車椅子に乗っているところとか。
脚本担当の方はきっと既婚女性で、出産経験もある人なのではと思います。
最後のいのきには驚いたよねホント。
来週どうなるんだろうーーーまた盛り上がりましょう♪
by: ままこっち * 2008/03/20 00:26 * URL [ 編集] | page top↑
--お気に入りです!!--

「法律は完璧ではない。何故なら作った人間が完璧ではないからだ。しかし、完璧であろうとする人間の叡智の結晶だ」by夜神総一郎(映画版「デス・ノート」)

いえ、ちょっと言ってみただけ・・・(笑)

今シーズンのドラマで、前予測どおりの「喜多」さん、別の意味で楽しめた「イカ」さん、
そして、予測が大はずれで面白かったのがこのドラマです♪

完璧な夫も完璧な妻も、完璧なパパも完璧なママもいないですよね。
それぞれが、お互いを支えながら家族となっていくのだろうけど・・・
このドラマでは、りっちゃん先生の良い部分、ダメな部分。
のり先生の良い部分、ダメな部分。そういう部分をきちんと描いているから、
二人に愛着が湧きます。
それでないと、単なる泥沼離婚愛憎劇(汗)になるけど、
二人とも憎めません。

「胎児には人権はない」と言った、りっちゃん先生を許せないノリ先生。
「法律上、浮気にならない」行為をしでかした、ノリ先生に腹が立つりっちゃん先生。

最終回、どうなるのでしょうね・・・
「風の果て~」(~は、要らないか。。笑)の主人公夫婦みたいに、
二人が重ねた歳月は無駄ではなかった、と言うエンディングになるといいけど・・・

御独り様の私は、両方を応援してます♪
by: リューザキ * 2008/03/19 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
--激しく同意。--

最近の2回だけ見ているaquanです。
途中からで理解が浅いかもですが、はまってます。
世の中のママたちが育児に追い込まれないように配慮してほしいなあと思いつつ、
私自身もただならない気持ちで見てます。
実際きーっとなった経験は何度もあるし、ね。
そんなときフォローしてくれた旦那のありがたみを改めてかみ締めてました。

最後のいのきに激怒していた私に、
「まあまあ、次の展開があるんでしょ」と冷静な旦那の反応でした。
来週、楽しみですな。フフ
by: aquan * 2008/03/18 13:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1302-92ce1024
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。