スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Kasumigaseki!! パート2(笑)。
復帰早々、いろんなプロジェクトに組み込まれてまして(というか顔を出しすぎ・汗)、昨日も早速夜8時半過ぎまで残業・・・
帰宅後もやること満載で、blogを書く余裕がなかなかありません。申し訳ないですホント。
GWも特段やることがないので、積読本を少し片付けたいところですが、持ち帰り業務でそれどころではないかもしれまへん・・・(これホント)

とボヤいてばかりもいられない。気を取り直して。
ワタクシ、東京・都心の霞が関で働いております。

以前も記事に書きましたが、霞が関ビル隣の文部科学省・会計検査院周辺が再開発で「霞が関コモンゲート」に生まれ変わりました。
東京メトロ銀座線の虎ノ門駅から、11番出口というのが新しく出来まして、コモンゲートに直結しています。

ビルの前には外堀通りに面して広場が新設。そこまで上がる階段ができました。
運動不足解消のため、毎日昇り降りしています。
霞が関コモンゲート前の大階段

すみません。携帯のカメラで撮ったのであんまり画像はよくありませんねー。

このタカラヅカの大階段のような階段には、よく見ると年号が刻まれています。
年号が刻まれてます


年号だけじゃなくて、古地図とか草紙絵(っていうのか?)とか、古写真とか。刻まれている年号付近の様々なものが写されています。
残念ながら1868年はまっさらでした・・・その次に絵(写真)があったのが、明治7年くらいだったと思います。

こんな風に、この再開発プロジェクトは何となく歴史を意識しているポイントがいくつかあって、歴史好きには「イケている」仕上がりになったように思います。
他には、こんなものも。

江戸城外堀の石垣

江戸城外堀の石垣です。
これは、虎ノ門駅11番出口から上がってくるエスカレータ脇に、ちゃんとライトアップもされていて、力の入れようを感じます。
写真は撮りませんでしたが、エスカレータ隣のエレベータ脇には、外堀の水面と底がこの辺でした。という線もひいてあったり。

あとは!!!!コレですよ皆様↓
工部大学校址碑

再開発前には、会計検査院の隣にあった工部大学校の址碑です!!!
今は外堀通りに面した場所に移転しています。
横にちゃんと碑文と、工部大学校についての説明板が用意されています。

毎日こういうのを眺めながら通勤しております。
忙しくて幕末関連ネタ収集が難しいので、せめてこれらのぷち・遺構を見てモチベーションを保っている今日この頃です。

スポンサーサイト
2008/05/01(Thu) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1335-efc02c20
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。