スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「監査法人」#5に、「組!」#最終回 を見る。
いや~ようやく復活してきました。
土曜日は何でもなかったんです。しかしソイツは日曜日の午前中に急にやってきた。

ヒドイ目に遭いました。38.8℃までいきました。もしかして人生最高の体温だったかも・・・
インフルかかった時でも38℃がせいぜいだったのに。

結局日曜日は終日38.5℃以上が続き、夜になっても下がる気配がなかったので解熱剤を服用。
翌日以降熱は下がりましたが、まだ腹痛は続いていて、固形物はほとんど受け付けません。ちなみに下痢も便秘もしていません。ただ「腹がモヤモヤ」していて、何か固形物を食べると途端に痛くなってしまう。そんな症状です。
医者によると、そういう風邪が流行っているそうです。皆様もお気をつけ下さい。大人で8度以上というのは本当に厳しいです。2日で1キロ痩せました。
無理しないでぼちぼちいきたいと思います。

で、書きたい記事はちょこちょことたまっているので、順次UPしていきたいと思います。
まずは継続視聴中のNHK土曜ドラマ「監査法人」#5 のプチ感想です。

#5は、ジャパン監査法人が理事長の逮捕で解体→
代表社員のひとりで厳格監査がモットーの小野寺(ハリセン豊原さん)がエスペランサ監査法人を立上げ→
若杉(塚本高史君・主人公)の友人、井上(阿部サダヲ)が立ち上げたベンチャー「プレシャスドーナツ」の上場前監査を巡っていろいろと問題発生

とこんな感じだったわけですが。

いやいやいや~
私のツボはズバリ、最後のシーンだったわけですよ。

東京拘置所にいる篠原・元ジャパン監査法人理事長(前回までに証取法違反で逮捕、起訴された)
が、訪ねてきた若杉君に言う台詞。

・有罪であろうと無罪であろうとどうだっていい。それは後の世が決めることだ。
この判決を受け入れたら、会計士としての私がいなかったことになってしまう。だから闘っている

それを受けて若杉君:
・では、あなたは一体何と闘っているのですか?

篠原さん:
・強いて言うと『時代』かな。
あるときは善といい、あるときは悪といい、同じ生き方をしてきた一人の人間に対して、そうやって簡単に決めつける、そういう時代と闘っていくということだ

くぅーーーーっ

こ、これは・・・まさに

為次郎兄さん@「組!」#最終回(愛しき友よ)の台詞と同じじゃないですかぁーーー(号泣)

皆さん覚えてますか?「組!」最終回で、北へ転戦する前に実家に立ち寄った歳三に、為次郎兄さんが酒を注ぎつつ語りかけるシーンです。
・京の街でおまえたちは、時代と戦ったのだ
・何が正しくて、何が間違っていたかなんてことは100年後200年後の者達が決めればいい

ギャー(叫)

もう、この篠原理事長+若杉君のシーンだけでも、佐幕派はウルッときちゃったわけです。
このシーンだけで#5はお腹いっぱいでしたよワタクシ。

でもいろいろ検索しても、誰もこのことに触れていないのだ。
やっぱり「組!」と監査法人では、見ている層がかぶらないのか。寂しい・・・

もひとつネタ。
この「監査法人」を見ていると、やはり「ハゲタカ」を見返したくなるんです。
あまりに見返したくなったので、録画を見直しました。
ハゲタカ感想記事はこちら(#1/#2/#3/#4/#5/#最終回

うーん・・・正直なところ、やっぱりドラマとしての完成度はハゲタカが上だと思う。
あのスピード感がすごい。同じ1時間でも、中身の濃さが違うというか。
同じ経済ドラマなのに、どうしてだろう。自分なりに考えてみました。

多分、なんですけどこれではないか、と。
ハゲタカのテーマは企業再生(買収がメインだけれど、それは手段であってテーマではない)、
だから対象になる企業は、悪いことをしたわけではなくて(基本的には)、例えば
・旧態依然とした経営体質から脱却できなかった
・バブル期に手を広げすぎた
・オーナー一族による企業の私物化を食い止められなかった
とか、犯罪行為とは異なる事情で企業業績が悪化し、結果処理の対象になったというだけで、
彼らにも言い分や彼らなりの考えがあり、そこも描かれていたんだけれど、
監査法人は「粉飾を暴く!」のが仕事だし、それで粉飾していた企業の事情や言い分については詳しく触れられていないので、その差がドラマの厚み、深みの差になっているのかな、と思ったわけです。

まあーテーマとしては地味ですしね。「監査」(ordit)って・・・
その辺はなかなか難しいのかも。

余談ですが、こういう金融系ドラマを見ていてたまに気になるのが、役者さんの台詞のアクセントです。
専門用語がそこかしこに出てくるんだけれど、アクセントがちょっと違うときがあって、それで「ああ、ドラマだった」と現実に引き戻されちゃうのは残念です。
誰か指摘できないのかな。。。収録現場で。教えてあげてください~

そんな感じで見ている「監査法人」は次回いよいよ最終回。
どうなるのかきちんと見届けます。

スポンサーサイト
2008/07/16(Wed) | 大好き♪経済ドラマ・映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

>リューザキさん
でしょでしょっ!「組!」の為次郎兄さんを重ねちゃいましたよ本当に。。
#5でウルウル来たのに、最終回はちょっと残念でした。
あの奥さん、そうかぁー浪殿でしたか!確かに!
よく見るとNHKドラマ御用達の俳優さんが多かったかもしれませんね。
富士フイルムのコスメ、TVCMまで始めてスゴイ!と思っちゃいます。キャストも豪華。
あの技術力で是非、アンチエイジング+ホワイトニングのコスメシリーズを出して欲しいです(熱望)
by: ままこっち * 2008/07/24 00:21 * URL [ 編集] | page top↑
--100年後、200年後の人が・・・by篠原さん--

はい、ここにおります(^^;)
篠原さんのくだんのセリフに激しく反応した者が(笑)

このドラマ、いいですね。。
ただ、監査法人となると、監査する→粉飾決算発見→どう処理する??
の、繰り返しであることは事実ですね・・・(汗)
いろいろバリエーションがあった「ハゲタカ」の方が見応えはあったかも。

何気に、Gackt謙信に打ち据えられた(爆)成田氏@利重剛さん演じる、財務省官僚が
イイ味出してます♪(笑)

若杉さんの家出中の奥さんが、浪どの!
1話を見逃していたもので(汗)働きマンの奥さんも大変だな~
(虚しい・・・、虚しい・・・)

お体、ご自愛ください>ままこっちさん♪
最近、アチコチで、FUJIの例の化粧品を見かけるようになりましたね☆
ついでに購入出来るのがラクです♪
by: リューザキ * 2008/07/18 00:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1363-ce788354
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。