スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
上野・千住ぶらり歩き(3)~上野・寛永寺#3
※写真は全てクリックで拡大します
※レポ1つ前の記事は:こちら

本堂右手に、碑があるのを見つけました。上野戦争の碑です。

上野戦争の碑

碑名
碑文のほうは文字数が多すぎてとても読みきれませんでした^^;
寛永寺は今でも霊園を含めると相当な広さですが、当時は上野の山のほぼ一帯が寛永寺の敷地だったそうです。上野の山一帯ですよ!?どんだけ広い寺なんですかホントに。

次は本堂裏手にある書院をのぞいてみたかったんですが、塀に阻まれて写真も撮れず(涙)
なんと言っても慶喜公が蟄居していた「葵の間」(当時はそういう呼び名ではなかったそうですが)があるのが書院、ですから、葵の間自体に入れなくても何とか書院の全体像くらいは・・・と思いましたが、能わず。残念。

それでもめげずにいったん外に出て、第二霊園の中を歩いてみるとまだありました~
こちらは立入禁止
↑この2つの建物は、特に案内がなかったので何かは分かりません。とにかく立入は不可。

隣には、5代将軍綱吉公の霊廟勅額門と案内板、一緒に天璋院墓所の案内が。

天璋院墓所の案内

常憲院霊廟勅額門

常憲院霊廟勅額門の案内板

こちら寛永寺は、自由に拝観できるところはほとんどありません。本堂の中も、書院も、徳川家代々の墓所も全て非公開です。
でも、ツアーや特別公開、イベント等で拝観できる場合があるようです。
特別公開もあるみたい

我々一般人も、こういったイベントに申し込んだり(抽選みたいですけどね)、団体扱いになるくらいの人数が集まれば、個別に交渉して見せて頂くことはできるかもしれません。
多分、今年最後のチャンスは講演会ではないかと思います。応募多数の場合は抽選。とのことですが、平日昼間でも出かけられる方は申し込んでみてはいかがでしょうか。
こちらで確認できます

抜粋しますと:
講演会 「篤姫と幕末」   講師:寛永寺執事長・浦井さん
日時: 11月14日(金) 14:00〜15:30
場所:寛永寺大書院
募集人数:200名
聴講料:無料
申込み:事前予約制  往復ハガキかe-mailによる申込 ※応募者多数の場合は抽選
申込み締め切り:10/28(火)
申込み、問い合わせ先 :台東区役所文化振興課「上野の山文化ゾーン係」

今回は書院の写真が撮れなかったので、代わりと言ってはなんですが台東区の文化財紹介ページの「葵の間」を紹介します。こちら

次は、ちょっと距離はありますが歩いて南千住・円通寺へ向います。

スポンサーサイト
2008/10/17(Fri) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1392-d4e08fe3
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。