スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「新選組!」は一体、どこまですごいのか?
いつもお邪魔しているとしずきんさん宅で、「新選組!」完全版DVDを
鑑賞しての皆の感想、解釈の議論がHOTに取り交わされているんですが、
私も躍起になる気持ちを抑えつつ、しばしばコメントをUPさせていただいています。
皆さんの書き込んでいるコメントをご覧いただくと、その白熱ぶりをご理解いただけると思います。

しかしまあ。
本放送が終わって1年弱経過するのに、こんなに盛り上がれる大河って
今までにあったの??
とつくづく「新選組!」という作品のすごさに感服することしきり。
他局まで番宣した番組ですよ。通常ありえない。

で、考える。
「新選組!」は何故そんなに「すごい」のか。

・三谷さんの脚本が面白いから。
・キャスティングがピッタリだから。
・音楽がすばらしいから。
・演出がうまいから。
・「新選組」という題材が、そもそもイイ!から。

どうなんでしょうねえ。。
何となく、その全て。じゃないかと思うんですね。

・「三谷さん」が描いた、
・「新選組」の世界を、
・「あの役者陣」で、
・「あのお堅いNHKでは異例のプロデュース力」で、
・「服部さんの音楽付」で
・しかも「大河という枠で」
作品が生まれたこと自体が、奇跡に近い気がするんです。

今までこんなに見る者を熱くさせた大河があっただろうか。
いや、大河じゃなくても、「新選組モノ」があっただろうか。
TVの名作「燃えよ剣」が放送当時どうだったのか、当時を知らない私は知る由もありませんが。

放送時は賛否両論あったし、視聴率的には高くなかったけれど、
間違いなく、「新選組!」はTV史上に残る「名作」だと思います。

「続編」が終わっても、追いかけるサイト・ブログは残るでしょう、多分。
スポンサーサイト
2005/09/11(Sun) | 「新選組!」&「新選組!!」周辺 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/140-3695a3d7
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。