スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
幕末戊辰の新・史料大量発見っ!!
ものっそ久しぶりの更新です。
多忙、体調不良※後述、いろいろありましてblog更新の余裕、全くなし。

それでもこのニュースは書かずにはいられないっしょ!

岩倉具視あて大量書簡発見 西郷、伊藤ら自筆千数百点
これですねー私が見つけたのは今朝の日経朝刊にて。だったんですが
記事、結構詳しくてですね。

引用/要約しますと。
・岩倉具視にあてて西郷隆盛、伊藤博文らが送った書簡、意見書など新発見とみられる千数百点の文書が現存していることが判明。
・明治新政府をめぐる文書類は出尽くしたとされており、新史料の大量発見は極めて珍しい。
・文書は「海の見える杜美術館」(広島県廿日市市)が約20年前に購入し、未公開のまま所蔵。全部で約1700点あり、このうち新出史料は約8割と推定している。
・一連の文書類は大正時代に大阪の質店主が約300巻の巻物として整理し、桐箱12箱に収納したものという。同美術館は京都市内の出版社から購入した。
・今後史料の解読を進め、資料集として2011年に刊行し、同美術館は調査終了後一般公開する予定。

日経の囲み記事ではさらに:
・官軍が幕府勢力を一掃した戊辰戦争の緊迫した状況の中、西郷隆盛は鳥羽伏見の戦いで、幕府側の桑名藩の荷物を差し押さえ、また不審な蔵の荷物を検査した状況を報告。
・宇都宮藩は68年、戊辰戦争での戦死者や重軽傷者の身分と名前などを報告。
・新政府軍側の薩摩藩と行動を共にして東北に北上した大垣藩は同年、幕府側の仙台藩と会津藩に「白川城」(白河城、福島県)を襲来されたが、山からの攻撃を防ぎ、追討した生々しい戦闘状況を報告。

・・・など、史料の詳しい内容にも踏み込んでいますっ

いやいや
これは全容解明が待たれますね~
資料集出版の折は、●●物●●社だけは勘弁して欲しいですけど・・・(ゴニョゴニョ)

※先日受診した人間ドックの結果が「要・精密検査」にて、腹部CT(これは終了)と大腸内視鏡(あさって)の検査を受けねばならなかったり、ブルーな気分の今日この頃ですが。
久しぶりの新史料発見のニュースに小躍りしました。はー、やっぱり歴史っていいなあ。






スポンサーサイト
2009/03/08(Sun) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1433-a453cb46
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。