スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新たな気持ちで・・・
ここ2ヶ月ばかり、精神的にしんどい日々が続いていて、正直ブログをUPする気持ちになかなかなれず、
ただでさえ多忙で更新頻度が落ちているのに、ネタもどんどん古くなり・・・の状況でした。
いつも来てくださる皆さん、本当に申し訳ないです。

少し書ける状況になったので、書きます。

会社で、希望退職の募集がありました。

発表があったのがちょうど2ヶ月前、7月の連休明けの日です。
全社員を順繰りに集めて、人事から説明がありました。
募集は、入社年次等で対象外の人を除く全対象者のうち約3割。

社員の3割ですよ。
そりゃ、1-0.3=0.7 で、残る人のほうが多いかもしれない。
でも。6人のチームだと2人辞める計算になる。
ものすごいインパクトです。
私は今、企画部門にいて、フタを開けてみたら辞める人は多くはなかったけど、
営業現場はすごかった。大流血です。まさに「血の雨、どころか嵐」状態。

募集も、「希望」と銘打っていますが、実際にはねえ・・・(お察しください)
私は今取り組んでいる足元の仕事は仕掛り中で、途中で放り出すわけにいかないし、
さらに自分のやりたいこと、テーマが決まっていてそれについてのやりきり感もないから
早期退職の加算金を積まれても、辞める気はなく、実際下期も「泥舟に乗り続ける」わけですが。

「希望」の当初予定枠を10%程度オーバーして、早期退職予定者は集まりました。
いや、「集まった」のはそのうち一部。あとは「選ばざるを得ない」人たちなのが現実です。
いろんな方面からいろんな話を聞きました。
聞くたびに、「自分はなぜ『残れた』のだろう」と思わずにはいられなかった。

自分のチームからも、残念なことに退職者を出しました。これも、つらいです。
どんな顔して一緒に仕事をすればいいのか。気を使いました。同じく残留組の後輩と「はぁー」と溜息をつくこともしばしばでした。
さらに言うと、今の仕事は「現場の業務改善」なので、マネージャーとひざを突き合わせて、
個別各論で「××さんは、たぶんこんな業務スタイルではないですか?もっとここをこうすると、ラクに回せるんじゃないでしょうか」と指摘、改善提案し、生産性を上げることを成果として求められています。

なのに、誰が辞めるのか、残るのか、それすら分からないのでは、仕事の進めようがない。
本当に「やりづらい」日々でした。

同じくらいの時期に中途入社し、長年苦楽を共にしてきた友人のうち、数名が退社を選択しました。
ちょうど5連休明けくらいから、ランチしたりお茶したり。本音で語り合っています。
会社が急拡大する前、アットホームな会社だった頃からの、まさに「戦友」です。

それでも
それぞれの思いや、これからのことについて話を聞かせてもらうと、
想像以上に前向きな人が多く、それには残留組の私も励まされます。
これを機に、いったん家庭に入る人。別の業種で、経験を活かそうと模索する人。いろいろです。

私は・・・どうなんだろう。
いや、特には変わらないです。淡々と、引き続き業務改善に取り組むだけです。
業務改善は、メーカーで言うところの「生産技術の量産設計、工程設計」に似ています。ラインの改善をして、生産性を上げる。ラインワーカーの教育、ライン長への目配り、状況モニタリング、アラームを鳴らしてFB、その連続です。
「自分がやる」ラインのプレイヤーのほうが、ラクだと思うこともしばしばです。自分がプレイヤーならば、自分が頑張ればいい。
でも、自分が現場で頑張っても、せいぜい15単位くらいの成果しか出せない。
一方、現場でなく「生産技術」の仕事を通じて、例えば200人のプレイヤーが1人、1単位ずつ成果を上乗せできれば、たちまち全体で200単位の成果を生み出せることになります。

キツくてくじけそうな時は、「今はこういう(薄く広く影響を与える)仕事をすることを求められているんだ」と自分に言い聞かせ、モチベーションを保つよう努力しています。

血の嵐が吹き荒れた四半期も、明日でおしまい。
10月からは、かなりスリム化した組織で、新しい目標を追うことになります。
私は、引き続き淡々と改善に取り組んでいきます。
これを機に会社を卒業する同志や、残りたくても残れなかった人たちの様々な思いを背負って、
ひたすら顧客貢献のために一歩一歩進んでいきます。



スポンサーサイト
2009/09/29(Tue) | 日々徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1473-fa28b71a
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。