スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
とうかん森…
幕末ネタが乏しくすみません。
日野にもとんとご無沙汰なのですが(GWには行きたいな)、石田の住宅地の中にある「とうかん森」の大木が伐採とのことです。
私がこのニュースを知ったのは先月半ばで、伐採時期は年明け早々にも…との話だったので、既に切られてしまったかもしれません。
伐採の理由は、すぐ隣が民家で木が倒れたり折れたりすると家屋倒壊の危険があるからだそうです。
とうかん森のすべての樹木を伐採するのではなく、数本は残るらしいです。
あの森は、本当にそこだけ時間が止まっているような不思議な空間でした。小さな祠にまだ小さかったうちのお兄ちゃんが、手を合わせてなむなむしていたのを思い出します。
歳さんが子どもの頃、遊んだに違いないと言われている「とうかん森」が小さくなってしまうのはさみしい限りです。
時代の流れと、史跡なども含めて古いものをどう残していくか、難しさを感じたニュースでした。
スポンサーサイト
2011/02/14(Mon) | 日々徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/1569-1f01cd93
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。