スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やばいっ!大鳥圭介に夢中。。
Vegaさんのブログ「東京エゴイスト」で今人気沸騰中(笑)の大鳥圭介

幕末ファンにはお馴染みの人物、箱館政府の陸軍奉行でございます。

その大鳥圭介なんですが、司馬先生の「燃え剣」で書かれている人物像もあいまってか
Vegaさんいわく「スーダラ」、ほか「常敗将軍」、など本当に情けない呼び名がついて
しまっているのは皆様ご承知のとおり。

しかーし!
大鳥君を調べ始めてみると、知らなかったこと、面白いことがいっぱい。
例えば。。

・実は奥さんに子供もいたが、江戸脱走のとき下総に落とし、自分だけが従軍した
・昔は神童なみに頭がよく将来を嘱望されていたそうです
・キャラは明るくポジティブ。割と思ったままを口にするタイプのようです
・背丈は低かったらしい(汗)一説によると南京南瓜並?とか(by旧見廻組の今井伸郎)
・五稜郭降伏後は、なんと自分で作った牢獄に投獄(涙)
・特に美男という記述は見当たらない

などなど

前の記事にも書きましたが、私は歳さんと大鳥は仲は悪くなかったと思うんですよ。
ただキャラが違う。陽の大鳥、陰の歳三。その点大鳥は近藤さんと同じポジショニングですが、
近藤さんよりアッケラカン度が高いから、その点多少歳さんは閉口していた部分もあっただろうな、と。

近藤さんはまっすぐである意味単純なタイプだと思いますが、
大鳥はその点、ずっと現実的でしたたかだと思う。最後降伏するときだって、
敵将がかつての教え子(というか後輩?)黒田であると知っているから、
しゃあしゃあと言い放った※んでしょう、きっと。計算ずくなんですよ。
そういう計算とか、策を練るのは近藤さんにはできない。歳さんの得意なところ。
2人は相反する部分、似ている部分、両方あるんですよね。。だから仲は悪くなかったはず、
と思う次第です。
※有名な迷台詞「ここはひとつ降伏と洒落込みますか」でその場に居た箱館政府幹部一同が(爆!)

気になる。とにかく気になる大鳥圭介。もっと知りたい~!!



スポンサーサイト
2005/08/13(Sat) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/23-8132f598
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。