スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都・新選組ツアーレポ#5 壬生寺~調練!ここで!?~
ツアーの予定は光縁寺の後はもう夕食会場へ移動、だったのですが、
少し時間があるので、また坊城通りに戻り壬生寺に立ち寄りました。

◆壬生寺◆
このお寺は壬生のシンボル的な存在かと思います。とにかく大きなお寺で、敷地もかなり広いです。
中には保育園もありました。
壬生寺門

ここは新選組が調練に使っていた場所で、大砲を撃ったり洋式調練もしたり、それから相撲興行を開いたのもここでしたね。
確かにかなり広いので調練には最適!
でも、ここはお寺ですから!
ただの広場じゃないですから!

そこで大砲をぶっ放すっての、どうですかね、歳さん・・・
西本願寺に屯所を移転することに難色を示した山南さん、あなたの気持ち、ちょっと分かります。

新選組ゆかりの場所は境内入ってすぐ右にある「壬生塚」です。
壬生塚入口

こちらはOPEN時間が朝8時半~夕方4時半までなので、時間内に行かないと、お寺には入れても塚には入れませんので要注意!
私たちが訪問したのは17時すぎだったので、タッチの差で入れませんでした。残念!
壬生塚のOPEN時間

ここには芹沢鴨、田中伊織(新見錦の変名と言われている)、平山五郎の水戸一派のほか、河合の立派なほうのお墓もあります。それから近藤先生の胸像!三橋美智也の「ああ新選組」の碑!
次回は絶対時間内に来るぞ!

本堂の右側が保育園、その裏手に「壬生狂言」の舞台があります。横から見ただけなのでよく分かりませんでした(もう日も落ちていたし)が、そんなに大きな舞台ではないように思いました。

新選組は「普段は特命警察。非常時は軍隊」のため、基本的には刀槍部隊なのですが、当然洋式調練も行っていたわけです。でも鳥羽伏見では勝てなかった。
これは銃器の性能の問題だけではなく、幕軍の中で彼らと一部会津、桑名藩あたりだけが頑張っても、局地戦で勝てても全体では勝てない、ということだったのだろうと思います。
古い話で恐縮ですが「ロッテの落合」状態。落合だけ打てても、ロッテとしては勝てない。それと同じ。
伝習隊だけでなく幕軍全体がもっと早く洋式化していれば、鳥羽伏見では楽勝で勝てたと思うんですけどね。
それも運命、ということなのでしょうか。

所在地:京都市中京区壬生梛ノ宮町
スポンサーサイト
2005/11/10(Thu) | 京都新選組ツアー2005 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント
----

>Akiさん
ツアー楽しかったですよ。新徳寺は普段入れないですし。
AKiさんも機会あれば是非!
総司が子供たちと遊んだ境内。広かったです!やっぱり調練には最適(爆)!

>まきこさん
壬生狂言、たしか大河でも平山(だったかな)がコックリコックリしてましたね(笑)
函館ー京都は遠い!でもでも土方ー山南の友情は不滅です!
by: ままこっち * 2005/11/11 00:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんばんは。
いつも、拙ブログへのコメントありがとうございます!

壬生寺で壬生狂言を観たことがあります。
前の晩に3時間しか寝ていなかったため、途中で寝てしまい…目が覚めたら、終わっていました(涙)

by: まきこ * 2005/11/10 17:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、お帰りなさい!
新選組ツアー大盛況だったようですね。

壬生寺のあの大広場、ここで総司が近所の子供達と
かけっこや鬼ごっこして遊んだのかな~なんて思いながら
訪れた去年を思い出しました。
by: Aki_1031 * 2005/11/10 12:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/263-d54ebf87
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。