スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
京都・新選組ツアーに行って感じたこと。
先日の京都ツアー。
1泊2日の短い旅でしたが、新選組好きの皆さんとゆかりの場所を巡ることが出来て、とても有意義、かつ楽しかったです。

今回、久しぶりに京都に行ったんです(かつ新選組視点では初めてかも)が、ちょっと思うところがありこの記事を書きました。
京都は、「新選組」が最も活躍した場所で、歳さんが5年間命を賭けて時を過ごした街です。
でも何故か、京都に行ってみても、あまり「感じる」ものがなかったんです。これがすごく不思議です。
例えば、日野。それから会津。この2ヶ所は、そこかしこに「グッとくる」場所があるんです。函館はまだ1回しか行ったことがないんです(かつ13年くらい前)が、多分函館にも「グッとくる場所」がいくつもあると思います。

今回京都でもそれがあると思って行ったんですが、意外に感じるものはなかったんですよね・・・前川邸、八木邸なんてホントに生活していた場所のはずなのに。おかしいなあ。。

自分なりにそれが何故なのか、ちょっと考えていたんですが、
もしかして「歳さんが、本来の歳さんではなかった時期」なのかな、と思いました。
浪士組を結成し、新選組として組織を作り上げ、周囲に認められるように切り盛りしていく。その為に歳さんは本来の自分を殺して、組織運営に徹していた・・・
その「本来の自分」でいられた場所には、何か感じるものがあるのかなあ、と・・・

うーむ。単に疲れていただけなのか。それとも大勢で訪問したからなのか。いや、やっぱり「本来の歳さん」は京都にはいなかったからなのか。
謎は深まるばかり。なのでまた京都には行きたいです。
(でも会津や函館のほうが、もっと行きたいです)
スポンサーサイト
2005/11/14(Mon) | 京都新選組ツアー2005 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
コメント
----

>もまさん
京都ツアーは滞在時間が短かったので、余計にそう感じたのかもしれません。我が家はカニのあと、すぐホテルに戻っちゃったし・・・
でも屯所跡で「匂い」を感じなかったのは、本当に不思議です。山南さんのお墓でも「グッとくるもの」はなかったなあ・・・山南さんが亡くなった理由が、切腹(=覚悟の上での死)だったからですかね?山南さんなりの「やり切った感」があったんでしょうか。
ますます「山南さんが逃げた理由」を「黒龍の柩」に見てしまいます。

>花栄さん
こんにちは。
私の両親が北海道(かなーーり北のほうです。旭川よりさらに北)出身のため、北海道には数え切れないほど行っていますが、道南特に函館には親戚もおらず、昔旅行で1回行っただけなんです。
その時は五稜郭公園を散歩したり、レンガ倉庫を見たりと一般的な観光ルートでした。碧血碑なんて完全スルーです。
函館、冬に行くと泣いちゃいそうなので、暖かくなってから行きたいです。

>ススムン
そーーうなんです!村瀬さんのツアーだったんです。
でも、ススムンが参加していたら、女性陣の盛り上がりように引いてしまったかもしれない・・・何せ男子の少ないツアーでしたから。
今度江戸ツアー等も企画があるので、次回は是非♪
by: ままこっち * 2005/11/18 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

いまフラフラ見ていたら気づきました!
ままこっちさんが行った京都旅行って、あの京都旅行だったんですね。村瀬さんってお名前見たことあるなぁって思っていたんです。
偶然に覗いた村瀬さんのブログに募集があって、もう埋まっているんだろうなぁって思っていたら、一人特別枠アリ!って書いてあって大喜びだったのですが、それもつかの間、年に一度の日曜出勤day。。。次回があれば行きたいなぁ。村瀬さんの本も読まなきゃ!
by: 山崎 烝 * 2005/11/17 20:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、はじめましてー。
いつも楽しく読ませていただいてます!
初めてコメントさせていただきます。

確かに京都は、会津や函館で感じるような悲しみや切なさがないような…。
今まで深く考えていなかったんですが、ままこっちさんの意見は
なるほどと思いました。

道民なので何回も行ってるんですが、函館はいいですよ!
桜の咲く時期もいいですが、ぜひ道外の方には冬に来て頂きたいですー。
ままこっちさんもぜひ、真冬に…(笑)
またお邪魔しますー。
by: 花栄 * 2005/11/17 12:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんばんは~。
そういえば私も、ツアーでは組ゆかりの場所で皆さんと語り合う楽しさの方がメインでしたね。
京都という地では、新選組の5年間などは些細な出来事に過ぎないせいかもしれません。
強いて言えば、夜歩いた細い町並みで、微かに幕末の青年たちの息吹を感じたように思います。
会津は是非行きたいです。^^
by: もま * 2005/11/16 23:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

>一人虫さん

毎度でーす♪
京都はホントに歳さんの匂いがしない街なのかどうか、1回の訪問では何とも言えないですが、他にも同じように感じる方がいらっしゃる、ということはやはりその可能性はあるのだろうと思います。
ただし私もあさぎさんもまきこさんも、皆「歳@箱館」が好きなので、余計にそう思うのかもしれません。その辺は割り引いてもいいかも。
あっでも一人虫さんはご同輩(笑)ですから多分同じですねー!

私は会津がオススメです。温泉があるのがいいですよ。京都は温泉って感じじゃないですし。蝦夷地からだと行きにくいかもしれませんけど、JR東日本は土日パスとか出してますから、うまく使ってみては?ちなみに東海道新幹線はドル箱路線で十分満席になるので、割引切符はほとんどありませーん!だから京都、行きにくいんですよねえ・・・
by: ままこっち * 2005/11/16 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、みなさんこんばんは~。
わああぁ~い、いいこときいちゃったあ!そうですか、京都はあんまり土方君の息吹が感じられないのね。巡礼の旅wの優先順位最下位にします。会津最優先でいきます(函館は地元のようなものなので、別格ね)。
やはり東男の土方君、関西以西は「ごめんして」なのか?山本土方じゃないけど「ところてんに黒蜜ぅ?信じらんないっ、ついていけない」なのか?「夏はイヤになるくらい蒸し暑くて、それなのに冬はイヤラシク底冷えしていけすかない」のか?それから(以下自粛)
京都の皆さん、ごめんなさい!でも、土方君、きっと京都があまり好きじゃなかったような気がする・・・・。
by: 一人虫 * 2005/11/16 19:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

>まきこさん、あさぎさん
こんにちは。
いやあー実はこの記事を書くのってちょっとドキドキだったんです。
何だそりゃーと思われたらどうしようかな、と。
でも私以外にも同じ感覚の方がいらして、安心しました。
京都、何だか歳さんの影の薄い街ですよねぇ。。
新徳寺でもあまり感じなかったです。むしろ清河。彼の情念のようなもののほうが強かったような・・・
時間の関係で油小路は行けませんでしたが、京の街で命を落とした試衛館ズのメンバーは平助だけだし、その点からしても「彼らの匂いがしない街」なのかもしれませんね・・・
by: ままこっち * 2005/11/16 01:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさんはじめまして

以前某トピでご挨拶したことのあるあさぎと申します。
いつも楽しく拝見しています。
京都に感じることがなかったとのコメントに、実は私も全くその通りなので
つい書き込みさせていただきました。

今まで訪れた日野、会津、函館はそれぞれ胸にこみ上げるものがあるのですが、京都では何も感じることがありませんでした。

むしろ、伊東さんのお墓や、寺田屋などで彼等の思いを受け止めることができたような気がします。

私も北へと転戦してゆく土方さんに思い入れが強いからなのでしょうか?
不思議です。
by: あさぎ * 2005/11/15 22:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんばんは。
興味深く読ませて頂きました。
実を言うと、私も、京都で土方さんを「感じる」ことってないのですよ。
京都は好きですが、自分の中では、土方さんと強く結びつかないというか…。
私は元々、箱館時代の彼に思い入れがあったので、そのせいもあるのかなあ。
by: まきこ * 2005/11/15 19:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/273-e4f6e0b4
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。