スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
年末時代劇「河井継之助」にガッカリ・・・
佐幕派には見逃せない番組だった年末時代劇「河井継之助」。
当日飲み会のためリアルタイムで見られませんでしたが、一昨日チビッコと一緒に見ました。

実は事前にVegaさん宅で皆さんの感想をざっと読んでいたので、あまり期待しないで見たんですが・・・
やっぱりガッカリでした・・・
中村勘三郎、ヘースケ(じゃなくて勘太郎)、捨助(じゃなくて中村獅童)、などなどキャストはかなり豪華な感じでしたが、ストーリーが「全体をまとめてみました!」、いわば「大河総集編」状態だったのでホントに

・河井継之助って人が昔、長岡藩にいてね、こんな感じだったわけ。

と彼の人生をあらすじ的に紹介したにとどまった、ように思えたんです。

まあ「峠」by司馬遼太郎 でも文庫3冊ですから(cf:来年の大河「巧妙が辻」は文庫で4冊)。大変だとは思いますよ。でももうちょっとシナリオの練りようがあったんじゃないかな・・・
ただ、彼のことを知っている人は相当少ないと思うので、それを紹介した功績はあると思います。逆にもともと知っている人には、かなり物足りない内容だったかな、と。
勘三郎ほかキャスト陣の出来はよかったと思います。伊藤君はどうかなあ・・・時代劇向きじゃないかも。ヘースケ(じゃないって!)含め歌舞伎役者陣は、所作含めて安心して見ていられました。

一緒に見ていたチビッコは実家にあるパイプいす(背もたれ無しで4本足)を回転させ、ガトリング砲の真似をして「ダダダダダ」と射撃しています(爆)
スポンサーサイト
2005/12/31(Sat) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

>あろあさん
いっそのこと戊辰戦争に集中してても良かったのかな、とも思うんですけどね。確かにあろあさんもおっしゃるように「マイナーな河合にスポットを当てた」功績は大きいと思います。
「戊辰落日」ですねっ!ケースケ贔屓は見逃せませんねっ!
by: ままこっち * 2006/01/01 13:00 * URL [ 編集] | page top↑
--河井ドラマ--

こんばんは!&あけましておめでとうございますv
今年もよろしくお願いいたします。

河井ドラマ、私はかなり楽しく見ました。あれれ? 皆さん評価低いんですね(笑)。
以前に、『戊辰落日』という、限りなく資料に近い小説を読んで戊辰戦争時の河井の動きを知っていたのが大きかったかも知れません。(ちなみにこの本、メインは会津戦争なのですが、圭介の動きも詳細に追ってくれてて良いです。奥羽列藩同盟の勉強にもなります!)
このドラマの功績は、河井継之助という、一般にはあまり知られていなかった人物を主役にしたことかと思うので、期待には充分応えてくれました。
河井には実際「生きていたら歴史が変わっていた」ほどの力は無かったと思いますが、他藩の誰も思いつかなかった外交方法を実施しようとしたのは、もっと取り上げられてもいいと思います。

あ、当時のガトリング砲は、ドラマで見たとおり台座に固定されていて、ぐるぐる回すことはできなかったそうです。
でもわかるなあ、チビッコ君のくるくる回りたくなる気持ち(笑)。
「五稜郭」というドラマでも、甲鉄艦のガトリング砲を、土方さんがぐるぐる回しながら連射していましたネ(笑)。
by: あろあ * 2006/01/01 03:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/363-0471dbfa
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。