スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「未完の多摩共和国」から派生して。(3) ~写真の歳さんは、笑ってなんかいない~
佐藤文明氏著「未完の多摩共和国」からの派生記事、第3弾です。

実は直接、本との関わりのあるトピックではないのですが、どうしても「例のフレーズ」:

・われ、日野・佐藤に対し、なにひとつ恥ずるべきことなきゆえ、どうかご安心を。

が頭から離れず、この記事に紐付けて書いています。

「組!!」クランクイン前に、歳三役の山本耕史君が現存する歳さんの写真に瓜二つの写真を撮影したことは皆さんご存知だと思います。
「組!!」公式ブログトップにも、どうやらそれらしい写真が出ています。

が、以前しずくさんwindowheadさんのブログにも記事になっていましたが、大変残念ながら私にはどうもあのトップに出ている写真と、現存する写真が「似ている」とは思えないのです。
何故か。
姿勢や刀、洋服の位置、手を置く場所、形、足の開き具合、などは多分相当似せていると思います。けれど、決定的に違う、と思うもの。それは「表情」なんです。
何でかな??と思って、土スタの録画を見てみました。
そうしたら、スタッフが手に持っている写真は「全身坐像」のほうなんです。
かつ、コージ君にアドバイスをしている声「もっと表情を柔らかく!」

なにーーーーー!!!
全然違うじゃないですか!!とそこで気付いた、というわけです。

現存するホンモノの写真は2枚あり、1枚が全身坐像、もう1枚が半身座像です。このうち全身坐像は表情がよく分かりません。半身座像のほうが分かりやすいです。なのでおのずと表情は半身座像(佐藤家蔵)のほうを参考にするとは思いますが、この表情。
よーーーーーーく見ると、柔和な顔つきではないんです(と思われる)。
写真自体が小さかったり、ハッキリしていないと、細めの目が全体的につぶれていて、それが「黒目がち」に見えるため、いわゆる「慈母=柔和」な顔つきに見えるのですが、実際はだいぶ違う雰囲気なのです。

実際って何?あの名刺サイズのちっこい写真で分かるの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
実は高幡不動尊のお土産で、半身座像が表紙になっている一筆箋があります。
その表紙は佐藤家蔵の半身像をハッキリ写し取っていて、その表情がよく分かるんです。

一筆箋の歳さんは、口元が一文字に引き締まり、視線はキリリと遠くを見ています
決して「柔和」な雰囲気ではない。凛、とした面持ちで、口角は上がっていません。つまり笑ってはいないのです。
静かな雰囲気の中にも、厳しさを感じさせる表情です。
それは最後の伝言「われ、日野・佐藤に対し、なにひとつ恥ずるべきことなきゆえ、どうかご安心を」を心の中で彦五郎さんに語りかけているのではないだろうか、もしくは、「われ、なにひとつ恥ずることなし」と自分自身に語っているのではないだろうか。
と思うほど、緊張感と厳しさと闘志のある表情に見えるのです(私にとっては)。

しかし、ここがミソなんでしょうかね。。一筆箋も至近距離でよーーーく見ないと、そうは感じられないのです。ちょっと遠目で、サラッと見ると、いわゆる「慈母歳」的な雰囲気に見えるのです。

口角が上がっていてはダメなんです。微笑んでいてはダメなんです。
せっかくあれほど似せて写真を撮るならば、細かいところまでチェックして撮って欲しかった、と思います。

「組!!」の写真は敢えて似せすぎず、山本土方らしい写真でもよかったのかな、と思います。
去年のnaviでやはり洋装座像の山本土方の写真がありました(naviムックをお持ちの方、116Pの写真です)が、あの写真はとても良かった。
一人になっても挫けず、どこまでも前向きに戦う「若い、熱い土方」らしくて、良かった・・・
番宣で出た「全軍(前軍、じゃないですよね?)を俺が指揮する」・・・!こんな台詞が出るなら、あの写真でいいじゃないですかー!とまで思ってしまった。。
私はこちらのほうが好きですね。

※お断り:私は原則史実土方スキーではありますが、大河の「山本土方」は近年映像化された中では、最も「土方歳三」な「土方歳三」であったと非常に評価しています。おまけにコージ君のFCにも入りました。決して山本土方を批判しているのではないことをご理解下さい。

マグナムTOPに山本土方の写真が出ていますが、こちらの表情のほうが、「組!!」公式よりも好きです。口角が上がっていないから・・・
本編で使われたのがどの写真なのか、本放送で確認してみたいです。

高幡不動尊に行かれることがあれば、是非一筆箋を買ってみてください。
今まで思っていた表情と、ずいぶん違う感じを持たれるのではないかと思います。
スポンサーサイト
2005/12/31(Sat) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
コメント
----

>julesさん
私も「おめでとう」見ました。やっぱり「組!!」公式トップの写真でしたね・・・うーん残念!笑ってないんですよ、史実土方・・・
先行放送まであと7時間を切りました。カウントダウン中!!!!
by: ままこっち * 2006/01/01 12:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん
たった今、スタパ、で写真、並んでいます。。。。
口元、史実土方はしっかり意思を持って結んでいて、耕史さんの歳三、は
口角が上がっちゃってますね・・・・・。
並べてるから凄くよく、わかりました。
このスタパ、の土方歳三の写真、確かに、笑ってませんよね!
by: jules * 2006/01/01 11:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

年末最後の書き込み、「笑っていない説」に皆様賛同が多く嬉しいですー!
「凛、としている」がぴったりな表情だと思うんですよ。

>julesさん
一筆箋、是非探してみてくださいー!あの表紙こそが歳さんだと思ってます!
本編ではどの写真を使うのかじっくり見てみようと思います。

>しずくさん
一筆箋は中身と表紙が違うんですよー!なので一筆箋の「表紙」を是非見てみてくださいねっ!

>一人虫さん
多分私と最も感覚が近いと思われる一人虫さん!私も「総髪大たぶさ」の歳さんを見たいです。で、バッサリ断髪して「あの表情」。見たいですねー!
by: ままこっち * 2005/12/31 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
--よいお年を--

ままこっちさん、こんにちは。いろいろお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
さて!なんと今年のトリにふさわしいお題ですね。ひとつ私も参加を。
一筆箋、私も持ってます。それぞれ、かなり印象が違いますよね。例の修正写真は、逆に微笑んでいる感じが皆無な気がします。
私は、あの表情は、どーしても「モナ・リザ・スマイル」に重なります。かといって、微笑んでいる(=そういう心境にある)のだとは到底思えません。一見、微笑んでいるように見える、限りなく謎をたたえた表情に見えるのです。
そして、土方歳三という人の底知れなさを感じます。永遠に(多分)、多くの人を惹きつけてやまないであろう謎の迷宮の如きお人です。はまり込んだら、二度と抜け出せませんw。
あの表情。どうすればあんな表情が出来るのですか。此岸から彼岸まで、はるか彼方を見わたす視線。生も死も、全ての理は彼の前に意味があり、同時に意味がない。
つまり、これこそ「悟りを開いた人」の表情ではないのか?(死にたがり、と言う意味では断じてありませぬよ)
従いまして、今の山本耕史君には、「土方歳三」を演じきることは不可能だと、私も思っています。まだ3合目くらいではないでしょうか。
(注・私もこうずぃファンでFC会員です。あしからず)
だから、今は熱血土方でいいよ。友情命!でいいよ。背伸びする必要はないよ。束髪がよく似合う土方でいいよ。
でも5年たったら、今度は大たぶさがしっくりくる土方になって帰ってきて欲しい。ダメ?

余談 「その時歴史が動いた」における松平アナのナレーション、「凛とした面差し」って言葉、いいですよねえ。
by: 一人虫 * 2005/12/31 15:04 * URL [ 編集] | page top↑
--激しく同意!!--

わ~、ままこっちさん、1年のご挨拶させていただいたのに~、この話題に食いつかない訳にはいかないじゃないですかあ~
そうそうそうなんです、まさにそう。
笑ってません、あの写真。
真剣を腰に差し、死と隣り合わせの日々を生き抜いたからこその、表情だと思います、私は。
私も、敢えて史実に合わせず、山本土方さんらしい表情で写しても、何ら問題はなかったと思います。その方が、もっとあの「新選組!!」の世界を生き抜いた土方さんの「生きた」表情が現れたのではないかな、と思います。

高幡不動の一筆箋、先日愛しき友が「あいぼりー」を送ってくれた時、一緒に付けてくれた手紙がそれを使ってくれているみたい・・・よ~く確認してみます。
記事のリンク、ありがとうございました~
by: しずく * 2005/12/31 08:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん
私も違和感を感じた一人です。あと、ど~みても、ブログの写真は化粧が濃すぎて、お人形さんみたいで・・・・(苦笑)
あ、一筆箋、私、もってるはずなので、見てみます!
最近は、史実の土方歳三の写真、修整写真をそのまま出しているところも多いですよね。函館の、最後の地碑、にあるものまで、修整写真だったのには、驚くと共に、がっかりしました。画像のインパクト、は大きいですから、あれが、歳三だ、と思ってしまう人が増えないことを願います。。。
だいたいあの時代は、写真を撮るのに物凄い時間がかかった、ことですし、写真師もかなり偉そうだったらしいので(笑・「動くな!」とか命令してたらしいですよ~)、優しい顔、にする自体が不可能に近いのではないでしょうか?
続編はあくまでも、ドラマ、として切り分けて見るのが一番ですね!
一筆箋、探さなきゃ・・・・・。


by: jules * 2005/12/31 08:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/364-ce4b43f3
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。