スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大江戸新選組ツアーレポ(1) ~市ヶ谷・試衛館跡~
今回のツアーが企画された経緯を少々ご紹介します。
いつもお世話になっている日野市立新選組のふるさと歴史館館長の村瀬さんのブログに集う人たちと、そのお知り合いの輪が広がって、11月に京都ツアーを敢行しました。
京都ツアー2日目に保津峡下りの舟に乗りながら「このまま函館まで行っちゃいたいねえ」と冗談を言い合っていましたが、ツアーの帰りには「今度は江戸ツアーを!」と盛り上がり、史跡が多い文京区、台東区にお住まいのもまさん、とこめぐさん幹事で今回の企画が出来上がりました!幹事の皆様大変お疲れ様でした。

回ったルートはこちらでご確認下さい。事前にアンケートをとって人気のある場所を中心に組み立てていただきました。それにしても、やはり試衛館が江戸にあったためか、JR山手線内にも関連史跡が結構あるんです。まだまだ訪問できるところはありますね。

ということで。村瀬さん含め総勢34名(途中参加の方含む)、チャーターバスに乗っていざ出立だ!
◆試衛館跡◆ 所在地:東京都新宿区市谷柳町25番地 
交通:都営地下鉄大江戸線「牛込柳町」駅徒歩3分
「試衛館」は言わずと知れた、近藤勇の天然理心流剣術道場。近藤勇の養父で三代目宗家の近藤周助(周斎先生)が、天保10年(1839年)に多摩地方から移設して作った道場だそうです。
井上源三郎、沖田総司、土方歳三、山南敬助、永倉新八、原田左之助、藤堂平助(以下、近藤さん含めて試衛館ズと略)といった新選組幹部隊士は、この試衛館に集っていた門人と食客から成り立っています。
この道場にいた頃の試衛館ズは、道場主の近藤さんが30歳くらい、一番年長の源さんでも35歳くらい、総司や平助に至っては20歳くらい(総司は天保13年出生と15年出生の両説あり)、ですから青春真っ只中?な賑やかな道場だったのではないでしょうか。

試衛館の案内板。
試衛館跡の案内板


碑。現在は駐車場になっています。
試衛館跡の碑up


裏手にお稲荷さんがあります。約300~350年ほど前からあったようで、もしかしたら近藤先生や総司、歳さんがお参りしていたかもしれませんね。
試衛館裏のお稲荷さん


たまたま地元の新選組同好会の「市谷柳町試衛館」の方がおられ、説明をして下さいました。近藤先生の稽古着に刺繍されていた「どくろ」のはっぴがトレードマーク!
市谷柳町試衛館の方


試衛館は、その当時「市谷甲良屋敷」の中にあったと言われています。
「市谷甲良屋敷」は現在の市谷柳町25番地付近になりますが、道を隔ててすぐ「市谷甲良町」という地名があり、こちらと混同されることもあるようですが、当時の地図や史料に基づき現在は「市谷柳町25番地」が「市谷甲良屋敷」つまり試衛館があった場所とされています

次はバスで「伝通院」に向かいます。
スポンサーサイト
2006/01/15(Sun) | 大江戸新選組ツアー2006 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

>julesさん
午前中は何とか天気がもったので、写真もまずまずちゃんと撮れましたが、午後はザーザー降り、かつ板橋は夕方だったので永倉さんのお墓なんかもう、真っ黒け!でした・・また天気のいい時に行こうかな、と思います♪

>keikoさん
ツアーではチビ連れで失礼しましたー!流山、陣屋跡以外にも江戸川の渡しなど、駅前に史跡案内の看板がありますので是非訪問してみてくださいね!
by: ままこっち * 2006/01/18 20:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、初めてお邪魔します。ツアーでは2番隊で御一緒させていただいたkeikoです。一昨日は御世話になりまして、ありがとうございました。
ご一家揃ってのツアー参加、とてもうらやましかったです。今度はままこっちさんのご用意くださった「ツアーに入ってない史跡ガイド」を頼りに、流山方面なんかも行ってみようと思います。
by: keiko * 2006/01/17 00:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん
昼間ツアーに参加しなかったので、こちらで拝見できて嬉しいです。試衛館跡、昨年訪れましたが懐かしいですね。この祠、が唯一当時の面影を残しているものなので、柵の外から中を覗き込んだりしたのを覚えています。次のレポも楽しみにしておりますね!
(事故の件ではお気遣いをいただき、本当にありがとうございました)
by: jules * 2006/01/16 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/01/15 23:42 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/394-9bd79914
深夜の雨 と 日野のふるさと歴史館ツアー
久し振りの雨が深夜の秋葉原に降っていた。 会社の同僚の送別会が終わった。 最終電車に乗り遅れまいと家路を急ぐ人たち。 皆、採集電車に乗れただろうか? 乗れてない人が半分。 そう、推理した。 JR系の人は乗れただろう。 地下鉄系は難しい。 私も途中までJR かぶきものにあこがれて…【2006/01/18 22:19】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。