スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大江戸新選組ツアーレポ(6) ~浅草・今戸神社&上野公園~
大雨です!ツアー中一番降りがひどかった時間帯かも。。
バスは浅草へ向かいます。

◆今戸神社◆所在地:東京都台東区今戸1-5-22 交通:東京メトロ銀座線/都営浅草線/東武線「浅草駅」歩15分
こちらの神社は将軍御典医「松本良順」が寓居していた場所で、大坂から船で戻ってきた沖田総司が療養していたところです。
永倉新八の「同志連名記」によると、ここで療養の甲斐なく亡くなったとされていますが最近の研究では千駄ヶ谷の植木屋平五郎宅に移され、
そこで亡くなった、というのが有力視されているようです。
入口です。
今戸神社、入口


松本良順(1832~1907)は蘭方医で佐幕派。新選組との関係は深く、西本願寺で健康診断や回診をした(大河でもシーンありましたよね)り栄養・衛生指導もしていました。豚を飼って食べろとか風呂を作れ!とかでしたかね。
その後甲陽鎮撫隊の隊士募集に協力したり、五兵衛新田の金子家を紹介したりと新選組との関係は続き、会津戦争でも軍医(っていうのかな)として参加、仙台まで行きますが、蝦夷地へは渡らず東京(横浜)に戻ってきた後捕まります。赦免後は陸軍軍医総監として活躍しました。

こちらが総司終焉の地の碑。
沖田総司終焉の地碑


案内板です。
沖田総司終焉の地案内板


こちらが社殿。
今戸神社

ななんと招き猫発祥の地!だそうで。社殿にかなりデッカイ招き猫が飾ってあって、どういうリアクションをしたらいいのやら(汗)でした。

◆上野(恩賜)公園◆所在地:東京都台東区上野公園/池之端3丁目 交通:JR/京成線/銀座線上野駅 公園口すぐ前

上野にも幕末spotがたくさん。
まず、上野といえば西郷さん。西郷さんの銅像があります。
何故か着流しで犬連れ。あまり似ていない説も(爆)!局長、村瀬さんは大の西郷ファンでいらして西郷さんってこんな人なんだよーというお話をたくさんしていただきました。
黒龍では相当のフィクサー!に描かれていましたが(汗)

こちらが西郷さん。
上野公園、西郷隆盛像


西郷さんの説明板。
上野公園、西郷隆盛説明板


それから、彰義隊ですね。彰義隊は、恭順派と抗戦派に2分された幕臣のうち、渋沢成一郎、天野八郎をはじめ抗戦派の有志が集まって作った隊で、将軍警護の後、後付け的幕府公認団体となり、江戸市中警備を任されていました。
以前は庄内藩御預りの「新徴組」(上洛した浪士組のうち、江戸に帰った人たち)がその任についていましたが、彼らが庄内に戻った後は彰義隊が担当しています(新選組にちょっと似てますね)
彰義隊は若くてイキのいい?男達の集団で、花街では「いろ(情夫)に持つなら彰義隊」と言われていたとか。美男だったらしい春日左衛門(その後陸軍隊を結成、箱館まで転戦)も、彰義隊のメンバーでした。

彰義隊の一部の隊士は、江戸開城に伴い市中に入ってきた征東軍と街なかの至る所で小競り合いをするようになったようです。これを西郷さんは話し合いで収めようとしたようですが、大村益次郎を中心とする武力討伐派がこれを押し切り、ついに慶応4年(1868)5月15日、上野寛永寺一帯に立てこもる彰義隊に対して、大村益次郎率いる征東軍が怒涛の攻撃(アームストロング砲、スナイドル銃など当時最新鋭の兵器をぶっ放す!)を開始。結果、彰義隊は1日もたずに200数十名の死者を出してほぼ壊滅しました。
この時、靖共隊を脱して彰義隊に加わった原田左之助が負傷し、数日後に亡くなったとも言われていますが、定かではありません。
ちなみに上野恩賜公園は、江戸時代は寛永寺の境内だったそうです。上野戦争の時に境内の建物がいくつか焼かれたそうです。※寛永寺は鶯谷駅近くにあります(上野公園の奥)。

こちらが彰義隊のお墓です。2003年5月頃までは資料館などもある墓所でしたが、今はここだけです。
上野公園、彰義隊墓


案内板と、戦う彰義隊の錦絵。
彰義隊の墓案内板

戦う彰義隊


彰義隊は江戸市民には人気があったらしいです。で、例によって西軍は彰義隊の遺体は野ざらしのまま放置でしたが、見かねた南千住の円通寺住職、新門辰五郎などが弔い、官許を得て円通寺に埋葬したそうです。

雨が強かったので、余計なところは回らずすぐバスへ戻りました。
次は最後の訪問先、板橋へ向かいます。
スポンサーサイト
2006/01/31(Tue) | 大江戸新選組ツアー2006 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

>ゆぅちゃんさん
確かにここにいた。というのは重要事実です。そこで亡くなったかどうかはさておき。碑も「沖田総司療養の地」じゃダメかしら。
良順先生にも結構興味関心があるんです。会津大変だっただろうなあ、と。。蝦夷地渡航なんて無謀だって反対して、歳さんに「先生は江戸に戻って病人を治してください」って言われるんですよね。
総司は生まれ年もあまりハッキリしていないし、何となくうら悲しい人生だったのかな(性格は明るかったようですが)、と思ってしまいます。
by: ままこっち * 2006/02/01 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

最近、「沖田終焉の地」碑を建てるきっかけを作った研究家(今戸説を発表し、つい最近まで今戸説を通していた方)からのコメントを聞く機会がありました。
「勝手に建てたんだから僕の責任じゃない」
ですって(汗)
しかし、松本良順が沖田をこの地で治療したのは事実らしいので、史跡としては成立していますのでご安心ください。
by: ゆぅちゃん * 2006/02/01 10:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/418-a1d0a488
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。