スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「けものみち」#4 生牡蠣のエロティックさ。
録画見ました「けものみち」#4。

いよいよドロドロしてきた感じです。よっしゃーキター!
※以下、若干ネタバレあり
今回気に入ったシーンは2つ。

・民子VS米子の大喧嘩。いいシーンでしたね。女のいがみ合い、プライド、そういうのがバッチリ出ていました。

・殺人を犯した後の秦野が、生牡蠣を食べるシーン。生牡蠣って何かちょっとエロティックな感じ。しかも人を殺した後に生牡蠣にしゃぶりつくって、何かを象徴しているようないないような。吹越さんの芝居、よかった!

民子もだんだんいい感じになってきたように思います。最初のうちはちょっとヘルシー過ぎるかな、と思ったんだけれど。

次回も見るぞ!
スポンサーサイト
2006/02/07(Tue) | その他演劇・映画・TV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/427-81f8e2e3
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。