スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
土曜ドラマ「氷壁」#5 ~あらら?こんな展開なの!?~
毎回見ているNHK土曜ドラマ「氷壁」。
先週2/11はトリノオリンピック開幕日でお休みでした。今週は終盤の5回目/全6回。

今週の話はこんな感じ:
自分の気持ちに嘘をつきたくない奥寺は、心惹かれている美那子を山に誘う。2人は山梨の三ツ峠を登る。ここは奥寺が子供の頃、北沢の父親と北沢と3人で初めて登った思い出の場所だった。山小屋で奥寺は子供の頃の話や北沢の思い出を語り、美那子も今までのいきさつや過去について話す。2人は山の上で唇を重ね抱きあう。嘘をつきたくない、と言う奥寺に対し、美那子は自分はそうじゃないと言う。
奥寺が美那子と山に出かけることを知ったゆかりは、その事実をヤシロに知らせる。裁判でそのことが明らかになり、奥寺は不利な状況になってしまう。奥寺は自分のことで迷惑をかけている南部に対し、会社を辞めると伝える。
北沢の母、秋子は奥寺に会い、裁判は和解に応じたほうがいいとアドバイスする。秋子もゆかりも前に進めないし、奥寺自身のことも思うとそのほうがいいのだと言う。しかし奥寺は頑なに和解を拒否する。
カラビナの強度試験はいくつか実施したが、結局カラビナは破損しなかった。
美那子の証人尋問が始まる。美那子は以前北沢のことを愛していたし、今は奥寺のことを愛していると証言台で話す・・・

ちょっちょっちょっちょっとぉぉぉー!!
こんな展開、でいいんですか??


美那子の過去が明らかになって、ヤシロ社長の八代さんと知り合ったきっかけなどが分かったのは良かったんだけれど、なんだか

どれだけ男をたぶらかしたら気が済むんだ!!(by智之)

と私も言いたくなっちゃう感じでしたよ、今週は。

それと、ドラマの中で美那子自身が、
・(自分の気持ちを偽れないと言う奥寺に対し)私はそうじゃない
・(兄に対し)自分の立場はわきまえている

とか言ってたくせに、証言台で何言ってんだゴルァ~!!
話、違うじゃないですか、、あれれ・・・???
どっちなのよう、美那子さんっ!!

ふぅ~
一体最終回はどうなっちゃうんでしょうか。
やはり小説の「氷壁」は「原作」ではなく「原案」なので、どうなるか読めませぬ・・・

1つだけ気付いた(思った)ことがあるのでそれだけ書きます。
ネイルサロンを経営している美那子ですが、あの「爪を伸ばし、キレイにしている時」ってのはもしかして「自分を取り繕い、自分の心に鎧を着せている状態」なのではないか、と・・・
来週の予告で、奥寺と彼女が一緒にボロアパートで生活するみたいで、そこでは多分爪を切っている彼女が見られるのでは。。(#5では、登山の時は爪を短くしていた)
スポンサーサイト
2006/02/19(Sun) | その他演劇・映画・TV | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
コメント
----

>としずきんさん
氷壁、最終回をスキー宿で見ましたが、酔っ払っていた(爆)のと周りがうるさいの、とであまりよく見ていなかったので、今日見直しました。
ストーリーは・・・うまく現代に焼きなおしきれなかった、のかな、とも思いましたが、あのまま奥寺と美那子がどうにかなったらどうしよう・・と心配していたので、最後は尻切れトンボながらもちょっとホッとしましたけど。
感想記事別途UPします。一部では第2回が最高の出来、という噂も・・・
by: ままこっち * 2006/02/27 21:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

私もこの二人の周囲の見えないはた迷惑さには参りました。最終回はもう見続けるのが苦痛でした。こういう「同棲時代」みたいな純粋アナクロカップルは、1970年代に絶滅したのでは・・・。当時の空気感でやればまだ良かったかもしれないのに、何で現代にするんでしょう。美那子さんは、「けものみち」の民子よりもはるかに悪女ですね。「悪気がなくて純粋に北沢も奥寺も夫もその時その時愛してる」から余計に。
第2回、本当に良かったです。それだけに残念ですね。
by: としずきん * 2006/02/26 17:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

>多摩おばさんさん
こんにちは!
玉木君の芝居がなかなかよくて、毎回欠かさず見ております~
阿国、は主演女優がイマイチピンと来なくて、山南堺さんだけでは苦しい~と思い、見ていません(汗)
マチベン、は大丈夫だろう、と期待していますが。ロケは日野!だし(爆)、ホンも井上さんなので大ハズレってことはない、と思います(しかし期待値はほどほどに)
by: ままこっち * 2006/02/20 22:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

>rukoさん
いやいや。美那子さん、どうなってんの??って感じでしたねぇ・・・
最後に向けてちゃんとつじつまが合えばいいんですけれど。
ともあれ最終回、また奥寺君がK2に行く、というのは原案に近い展開なので、最終回もちゃんと見ます!(週末スキーに行くので、録画になると思います)
by: ままこっち * 2006/02/20 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは! 原作が井上靖、原田左之助とひでが兄妹、新見さん、広沢様・・・ということで、見ないではいられませんでした。でもねえ、1,2回は見たんですけれど、ダメでした。奥寺と美那子の気持ちについていけない・・・。「阿国」も途中で挫折しました。「マチベン」は大丈夫だろうか~。
by: 多摩おばさん * 2006/02/20 13:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんばんは。

なぜ「ネイルサロン」なのか、という点について、ままこっちさんの考察に同意ですね~。お水をやっていた、ということも象徴しており、なかなかスパイスの利いた仕掛けでした。

でも、こうきたかぁ、って感じでなんだか最終回に向けて力が抜けてしまいました。人間、迷いながら生きていくものではありますが、ちょっと展開がご都合主義というかなんというか…。

最終回、どう着地するのか楽しみにしています。三つ峠のシーン、高所恐怖症の玉木さん、あんな崖っぷちでだいじょうぶだったのか、ちょっと心配になったりしてw
by: ruko * 2006/02/20 00:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/454-3ee00a94
どうしたいの 氷壁〈第5話〉
およよよよ。終わった時は、裁判を傍聴していたフリーライターの室井(相島一之)と同じ顔になってた気がします、私。室井に奥寺 new雑記帳【2006/02/20 00:46】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。