スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
旧幕軍の足跡を辿るin日光・今市(0) ~まずはおさらい~
疲労困憊でblog更新が滞り申し訳ありませんでした。
ようやく復活してきたので、先週末に行ってきた日光レポをUPします。

拙ブログにお越しの方の多くは幕末好き、特に佐幕派贔屓でいらして、何故私が日光今市へ行きたかったか、の説明は不要かと思いますが、中には「日光・今市?歳三は宇都宮で怪我して会津直行、でしょ?」という方もおられるかもしれないので、まず旧幕軍の動きのおさらいから。

※参考資料:「南柯紀行」大鳥圭介
◆江戸城無血開城、そしてケースケ江戸脱走◆
西郷隆盛と勝海舟との話し合いの結果、慶応4年(1868)4月11日、江戸城が無血開城。その当日、恭順をよしとしない大鳥圭介(当時は歩兵奉行)は、伝習隊の大手前大隊、小川町大隊を率いて(正確には途中で落ち合って)、江戸を脱走します。
他の旧幕臣(土方歳三ら)、会津藩士(秋月登之助ら)、桑名藩士らも含めた旧幕府軍は下総鴻之台(現・千葉県市川市国府台)に集結し、大林院※というお寺で軍議を開きます。
※正確な記述は、「(市川)駅畔なる小寺院」(南柯紀行)で大林院という具体名はでていません

軍議の場にいたのは、おおよそ下記の人たち。
幕人(幕臣):土方歳三、吉沢勇四郎、小菅辰之助、山瀬司馬、天野電四郎、鈴木蕃之助
会人(会津藩士):垣沢勇記、天沢精之進、秋月登之助、松井、工藤、等
桑人(桑名藩士):辰巳勘三郎、松浦秀人、馬場三九郎、等 (南柯紀行)

日光を目指すことは既に決まっており、あとは総督を決めて具体的な行軍の割り振りをする段階、でした。何せ全部合わせて約2000人の大軍勢、これを統率する人は大変。大鳥先生お願いします、と言われたケースケ、
・小川町大隊はともかく、こんなに脱走軍が多いとは思わなかったし、何せ実戦の経験がない(南柯紀行、意訳)
との理由で拒むも、引き受けなければ先に進まない状況でもあり、「暫定的に」総督に就任することになりました。

◆旧幕府軍、3隊に分かれ日光を目指し行軍◆
約2000人の軍勢は下記3隊に分かれて行軍することになります。
先鋒隊(前軍)・・・隊長→秋月、参謀→土方:伝習第一大隊、桑名藩兵、新選組
中軍:伝習第二大隊
後軍:幕府歩兵七連隊、徴募兵、など
このうち、秋月登之助率いる先鋒隊(前軍)と、ケースケ率いる中・後軍は、異なるルートを通って各々進軍していきます。前軍は途中の小藩から金品や人馬を徴発しつつ水海道~下妻~下館、と進み、中・後軍は野田~古河~小山と進みました。
前軍は下館で秋月隊・土方隊が合流、4月18日、下蓼沼にて宿陣。軍議を開き、単独宇都宮侵攻となります。

◆宇都宮城の戦い◆・・・★
慶応4年(1868)4月19日、前軍は宇都宮城攻略作戦を展開。この時宇都宮城は新政府軍の香川敬三らが守っていましたが、兵の数で劣勢なうえ、当時最新鋭の兵器を持ち、洋式調練を重ねてきた伝習隊を擁する旧幕府軍の猛攻の前に城は数時間で陥落してしまいます。
とはいえ、戦いは相当激戦で、どちらかの軍が放った火が城下及び城を焼き尽くし、折角落とした城を拠点にすることは難しくなってしまいました。

◆宇都宮城、奪還さる&大鳥隊、日光へ◆
宇都宮陥落の戦功に湧く旧幕府軍はさらに宇都宮のやや南方にある壬生城を奪取すべく進軍しますが、こちらは新政府軍の宇都宮救援部隊と衝突、白兵戦になり敗北してしまいます。
壬生城を守り通した新政府軍は逆に宇都宮奪回に向けて軍勢を送り、4月23日、第2次宇都宮城攻防戦に突入します。
増援部隊が続々到着する新政府軍の反撃に、奮戦していた旧幕府軍は次第に形勢不利になり、ついには秋月、柿沢、土方など幹部クラスにも負傷者が出てくる事態になったため、旧幕府軍は宇都宮から撤退することになりました。
怪我人(秋月、土方など)は日光街道から会津西街道に入り、会津若松方面へ送られます。
一方本隊というべく大鳥隊は今市に入り、弾薬の調達・試作などをしつつ日光に向かいます。

◆日光を撤退、会津へ◆・・・★
当初の目的地でもあり、天然の要害である日光に拠る大鳥隊でしたが、日光奉行の新条右近らに「ここは食料も少なく、こんなところで戦をされては迷惑だから立ち退いて欲しい」と言われたうえ、板倉候に呼び出され、「ここで戦になれば廟前に血が流れ、忠誠も却って水の泡」と諭されます。
その後、一旦は日光に全軍を入れますが、軍議の結果会津で一旦態勢を立て直すことになります。日光から会津に向かう道は2本ありますが、街道ではなく間道を行くことを選択、閏4月1日、日光を出発。道なき道を泥濘の中、行軍します。六方沢の谷底で一晩明かし、会津領の五十里へ向かいます。

◆軍再編、今市攻め◆・・・★
会津の山川大蔵が加わり、軍を再編。田島、藤原を中心に陣を張り、ここから今市・小佐越を何度も攻めることになります。この今市攻防戦は、あの日光杉並木に砲弾の痕が残っている(今でも杉を伐採すると、中から弾が出てくることがあるらしい)ほど激しい戦だったと言われています。
大鳥軍は田島あたりに、だいたい7月の終わりくらいまで布陣しています。その間、ケースケは若松や猪苗代に出張したりといろいろ動いています。その後、二本松が陥落すると敵はいよいよ会津若松に迫ることになり、ケースケはあの母成峠がある石筵山に何度か登って防衛陣地について構想を練り、戦に備えます。

・・・と前段が長くなってしまいましたが、今回は
・宇都宮城址を確認
・日光杉並木街道を行く(砲弾打ち込み杉、を確認する)
・六方沢でケースケ!と叫ぶ
・野州花(シロヤシオツツジ)の現物を見る
・東照宮参拝

を目的としたツアーで、・・・★をつけた部分に関連する史跡、場所を巡ってきました。

まずは宇都宮城址公園を目指し、東北道を走ります。
スポンサーサイト
2006/05/29(Mon) | 日光・今市旧幕軍ツアー2006 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
コメント
----

>はじめさん
ご無沙汰です~
大林院、ですが今は幼稚園かなんかになっていて跡形もない、らしい、ですが、市川の駅からは近いみたいですよ。行ってみて下さいね!
私もいつか、駿河台から市川まで歩いてみたいと思っています(ケースケ脱走ルート)。
by: ままこっち * 2006/05/29 23:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

>あろあさん
杉並木、も歩きました~全部で1300mくらいは歩いたかな??道はぬかるんでいて、それだけで「ああーケースケ!」みたいな・・・(またも愛炸裂)
江戸脱走のとき、ケースケは何を思っていたんだろう・・・南柯紀行にはその時の気持ちまでは書いていないので、決して戦好きではないケースケの胸のうちが知りたい、とも思います。勿論怪しい勝・小栗・村垣あたりも(ああーますます黒龍・・・)
レポはちょっとずつですが必ず全部書きますのでお待ち下さい♪
by: ままこっち * 2006/05/29 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

>絵美子さん
南柯紀行に結構いろいろと書いてあるので、まとめやすかったです♪
秋月&土方の前軍については、燃え剣も史実にかなり近い感じで書いていますね~司馬先生の作品って史実とフィクションがうまーくミックスされていて、どこまでがホントでどこからがフィクションなのか、がよく分からないのがスゴイ!
流山以降、会津までの間はナゾな部分、多いですよね。だから黒龍が面白い、のかも。。新史料が出てくるのも待ちたいところです。
絵美子さんのblogも是非教えてください♪
by: ままこっち * 2006/05/29 23:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

>julesさん
も~ちろん「スリーモンキーズ」もお目当てですよー!バッチリ見てきました♪
ダンナは東照宮参拝のあと、「折角来たんだし、日光江戸村に行ってみたい」と軽く言っていましたが、「そんな簡単に言わないでよ。入場料大人4500円だよ」と言うと「ええー!?」と一気に引いてました・・・
次回は江戸村メイン、で行くかもしれません??
by: ままこっち * 2006/05/29 23:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

大林院・・・ウチから結構近いかも。こんど、機会があったら訪ねてみようかなぁ。
by: やまざき はじめ * 2006/05/29 20:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

ご無沙汰しております~&待ってましたままこっちさん☆
「戊辰の道」は歩いたけれど、杉並木は歩けなかった私(車窓からでした…)、レポを楽しみにいたしておりましたv

上で絵美子さんがおっしゃっておられる、勝海舟や小栗の動きも気になる、江戸脱走。
(特に土方は数日前に勝に会ってますものね。海軍の榎本も勝とは知己だし。そして小栗と大鳥はかなり親しかった様子)
松平太郎の暗躍ぶりも含め(笑)、江戸脱走~日光あたりは謎がいっぱいで面白いですね!
(会津あたりからはあまり謎じゃなくなってくる…)

レポ、楽しみにしております☆
by: あろあ * 2006/05/29 12:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

わかりやすい!
わかっていたつもりでしたが、こうやって改めて解説していただくと「なるほど」と思います。
私も絶対に行ってみたいです!
江戸開城前後の脱走兵の動き、そして、榎本海軍の動き、そしてそして、彰義隊と遊撃隊の動きを並べてみると、いろいろと謎なことが多く、興味深いです。
影で「指令」を出した人間は本当にいないのか。
流山を離れてからの土方さんの「空白」の時間。勝海舟の思惑。小栗は本当に大人しくしていたのか。
考えると飽きません!

うちのブログ、今度URLをお知らせしますね。
恥ずかしいですが・・・
by: 絵美子 * 2006/05/29 08:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん
私はてっきり、ご子息が「お猿さん見たい~」と言ったから日光なのかと思っておりました~(汗)
今その先の、仙台で、ケースケの到着、待ってます(笑)!!
by: jules * 2006/05/29 08:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/616-4c5b1e79
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。