スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
江戸城近辺巡りのサマリ。
先週末は江戸城近辺を散策してきました。
うわぁ~チューボーですよ!にコージ君ゲスト出演、だったのか・・・すっかりスルーでした(ファン失格)

ルートはこちら:
地下鉄大手町駅→
皇居東御苑(大手門~百人番所~汐見坂~大奥跡~本丸跡~松の廊下跡~天守台~北桔橋門)→
国立公文書館→(隣の近代美術館内・アクアでランチ→)
北の丸公園
靖国神社(元宮&鎮霊社~遊就館

写真も撮ってきたんですが、会津レポを執筆中ということもあり、その強烈なGAP(特に靖国神社)に大変苦しい思いをしております。ということでこの記事ではサマリのみ書きます。いつかちゃんと写真入りの記事をUPしたいです(いつになるやら・・・)
皇居東御苑★※入園無料 ※原則月・金休園
東京近辺に住んでいて、皇居の端っこに近いオフィス(隣は官庁街)で働いているくせに、初めて訪れました・・・
入場できる門は3箇所あり、いずれも「入園票」というプラスチックのタグをもらって入ります。返却はいずれの門でもOK。
観光客には定番スポットのようで、カメラを持った人(自分もネ!)が多かったです。あと外国人の方々。
今回は大手門から入場。入って左手に皇宮警察があるんですが、その敷地内の「済寧館」(さいねいかん、皇宮警察の道場)から勇ましい「エーイ!ヤァーッ!!!」の掛け声&パパパーン!の竹刀の音が聞こえてきて、チビッコさんとか近くを歩いていた外国人の子供達も生垣に顔を張りつけて様子を見ていました。チビッコさんはますます剣道教室に行きたくなったようだ(笑)
さらに進むと、百人番所という昔の番所の前に出ます。本当は左に進みたかったんですが工事中のため、本丸跡を目指すには遠回りの汐見坂方面へ。
急坂を上っていよいよ本丸跡へ!めちゃ広いです!「大奥跡」「松の廊下跡」などで写真を撮って、天守台に上りました。
江戸城の天守は建ててから数十年で火事により焼失してから、再建はされなかったんだそうです。
とにかくさすが皇居、東京のど真ん中とは思えない緑でいっぱいの場所でした。お弁当持参での散歩にもオススメです!!

国立公文書館★ 所在地:千代田区北の丸公園3-2 交通:東京メトロ「竹橋」駅徒歩5分
北桔橋門を出てすぐです。隣は近代美術館
目当ては秋の企画展「明治宰相列伝」。
本当は釜さん&ケースケ関連文書のマイクロフィルムも見たかったんですが、土日は通常開館していないので断念。いつかマイクロフィルムに埋もれてみたい・・・(妄想)
この企画展、黒田目当てで行ったんですがなかなか良かったです♪展示が見やすくて、解説も各個人の年表がちゃんと掲示されていて、かつ各史料の解説もバッチリ。
私は借りませんでしたが、音声ガイドの貸し出しもありました。ガイドを聞きながら熱心にノートを取っている学生さん風の人もいましたね。
ツボ!は実はいくつかあったのですが、deepすぎるので割愛します(汗)
本当は2周したかったんですが案の定チビッコさんが飽きてしまったので、パンフレット(無料とは思えないほど立派!紙も上質紙!スゴイ!)をもらって退散。
隣の近代美術館内レストランでランチ、靖国神社に向かいます。

★靖国神社★ 所在地:千代田区九段北3-1-1 交通:各線市ヶ谷、飯田橋、九段下駅徒歩8~10分
北の丸公園の田安門(田安家があった場所だと思います)すぐ。境内入り口には、何故か水色の「フリーマーケット」ののぼりがはためいていました。正直、靖国神社+フリマの取り合わせというのが全然イメージつかない感じですが、定期的にフリマの会場になっているみたいです。
靖国に行ったのは、数十年ぶりに拝観できるようになった鎮霊社のお参りと、遊就館の見学が目的だったのですが・・・
正直なところ、私はもう二度と行きたくないと思いました。理由は2つ。
・鎮霊社の古びた小さな祠と、必要以上に立派な遊就館とのGAPが大きすぎると感じた
・遊就館の展示内容や売店で売っている本の種類を見て、「靖国史観」の何たるかがようやく理解でき、そのスタンスや、鎮霊社についての考え方、意識が自分のそれとは全く相容れない
ためです。
※靖国神社見解→「御本殿の御祭神と鎮霊社の御祭神では全く性格を異にしている。鎮霊社の御祭神は奉慰の対象だが御本殿の御祭神は奉慰顕彰の対象と認識している」
私は思想的に右でも左でもありませんが、戦争については日本は二度として欲しくないと思っています。

やはり靖国はking of護国神社以外の何者でもない存在でした。それとフリマの会場になっているという、何とも言えない「ちぐはぐさ」が、もうなんともやり切れません。

最後の訪問地が靖国だったので、その史観に打ちのめされながら今後も会津レポ、箱館レポを続けていくことになりますね・・・
早く立ち直りたい(涙)

スポンサーサイト
2006/10/23(Mon) | 土方歳三(&旧幕臣ズ) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

>yukiさん
大村益次郎の銅像は全然いいんですよ~あまりの「台座」の大きさに、こりゃネタにできる、と思ったくらいですから。
とはいえ、実はこの記事を書くのに、すごい勇気が必要でした。私はいわゆるノンポリ、どちらかと言えば保守派(『右』ではない)ですが、それでも靖国ってどうよ、と書けば「ままこっちは『左』らしい」と捉えられる可能性もあるからです。
それでも、鎮霊社の古びた小さなお社と、あのガラス張りの大きな遊就館、そしてこれまた非常に立派な本殿&拝殿、その差に愕然としました。死者を区別、差別しているように思いました。
他の史跡、例えば会津でも東軍・西軍と呼び、区別なくお墓が建てられているところもあります。それなのに・・・悲しくなりました。
史跡巡りは、今後も続けたいです。チビッコさんが付き合ってくれるので、行けるところには行けるうちに、と・・・無理しない範囲で。(レポには思想的なことはなるべく書きたくないですが、靖国だけは衝撃が大きく、記事にしました)
レポは箱館、会津、池上&洗足池もまだ残っています。気長にお付き合い下さい♪
by: ままこっち * 2006/10/25 23:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんばんは。
靖国神社・・・高校時代、修学旅行のフリータイムに行ったことがあります。
ただし深い考えがあったわけではなく、私を新選組に導いてくれた司馬遼太郎『花神』の大村益次郎の銅像を見たいと思っただけで・・・。お恥ずかしい限りです。
それにしてもままこっちさんの紀行文には、毎回、良い意味で考えさせられることが多いです。(もちろん他の記事にも・・・ですが。)
しかし何より、老いた両親と思春期の娘&息子と家事能力ゼロの夫に囲まれて遠出もままならない私にとっては、ままこっちさんの記事を読むのは本当に楽しみなのです。
勝手なお願いで申し訳ありませんが、これからもよろしくお願いします。
ただしくれぐれも、ご無理はなさらないでくださいね。
by: yuki * 2006/10/25 19:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

>まやこさん
靖国は本当にキツかったです。と言ってもここまで打ちひしがれたのは、自分の事前の調査不足によるものでまやこさんの所為ではありません。気にされないで下さい。
大村益次郎のでっかい銅像や、これまた異常にデカイ鳥居なんかはネタに出来ても、鎮霊社と拝殿&本殿/遊就館、このGAPがしんどい。
遊就館は1Fが太平洋戦争特集なのですが、チビッコさんがやや飽き気味だったので駆け足でしか見ていません。それでもかなり衝撃的でした(自分にとっては)。
行かれる場合は、その成り立ちやスタンスを十分理解されてから、をオススメします(特に佐幕派の方には・・・)
by: ままこっち * 2006/10/24 00:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんばんは。

わたしは日曜日に国立公文書館と皇居東御苑には行ったんですが、出かける時間が遅かったので、靖国神社及び遊就館には行かなかったのです。

靖国神社で大きなギャップとやり切れなさを感じられたのですか…
ままこっちさんはわたしの前回のコメントを見て、靖国神社に行かれたそうですが、言いだしっぺのなわたしが行かず、ままこっちさんに申し訳ないことしたな…と思います。

靖国神社と遊就館に行くのは相当心した方がよさそうですね。
ままこっちさんが立ち直られるのを、心より願っています。
by: まやこ * 2006/10/24 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/821-026f16d0
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。