スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チーム箱館追跡ツアー #29 ~歳三嘆きの松
※道南地区南部の概要図はこちら
※写真は全てクリックすると拡大します。

お昼を食べて、江差観光を!と思ったものの時間的に厳しく、とりあえずここだけは。と思っていた「土方歳三嘆きの松」に行きました。
メインの通りから山側に入った坂道を上がったところに、松のある「旧檜山爾志郡役所」があります。

旧檜山爾志郡役所◆ 所在地:檜山郡江差町字中歌町112 交通:JR江差線「江差」駅徒歩16分/函館バス「新地町」バス停徒歩5、6分

「きゅう・ひやま・にしぐん・やくしょ」と読みます。北海道指定の有形文化財です。
案内板

旧檜山爾志郡役所
建物は明治20年(1877)に竣工されたもので、現存する郡役所庁舎として道内では唯一、全国的にも20数棟しか残っていないのだそうです。

建物の雰囲気はご覧の通り、洋館で明治~大正浪漫の香りに満ちています。中の写真は撮れなかったんですが、壁紙が特徴的!花柄など様々な柄模様の布が壁にクロスとして貼られています。これも大変貴重なものだとか。
その後は警察署としても使われていて、取調室なんかもあるんです。
現在の建物は修復はされていますが、復元ではありません。江差は冬の雪もさることながら風の強い土地だと思います。海にも近いし。建物がここまで保存がよいのはスゴイと思いました。

この役所の敷地の中に例の「松」があります。

◆土方歳三嘆きの松◆所在地:同所
役所の前庭にあります。有名ですよね、コレは。
土方歳三嘆きの松

案内板にエピソードが紹介されています。
嘆きの松説明板

エピソードはこちらにも詳しく掲載されています。

いろいろ調べたのですが、さすがに手持ち史料で「釜さん、悔しいのぉー」と歳さんが嘆いた様子も、松をこぶしでバンバン叩いた様子も、記述されているものはありませんでした。どうも地元の伝説や伝承を集めた本「江差百話」に紹介されているようです。

開陽丸が座礁したのは11月15日夜、歳さん達が江差に到着したのは翌16日なので、到着した時点で既に座礁していたことになるかと思います。確かに場所的には小高い丘の上で、港まで見渡せるところにはありますが、実際のところはどうだったのか、は知る由もなし。。まあ「伝承」の域を出ない話なのかな、と。
釜さんは絶対悔しかったと思います。何せ建造段階からオランダで一緒だった船ですから。歳さんも愕然としたと思います。ただ、松を叩いたかどうか、は??

江差は他にも観光&史跡スポットがいくつもあるのですが、役所を出たのがもう午後1時半近くで、この後松前を回って函館まで帰り着かねばならないこともあり、他のスポットはまたの機会に、となりました。
江差の観光情報はこちらが詳しいです。

次回は・・・一部の皆様、お待たせしました!
レア写真のご紹介アリ!「松前折戸浜」です!

次の記事は→こちら


スポンサーサイト
2006/12/04(Mon) | チーム箱館追跡ツアー2006 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

>julesさん
「釜さん、悔しいのぉー」の出所があやふやで、一生懸命史料調べましたが、どこにもそんな記述がなく。。
地元の「江差百話」に辿り着くのに時間がかかりました(汗)
それにしても「悔しいのぉー」の調子が、あんまり歳さんらしい感じがしないような気がするのは私だけでしょうか??
by: ままこっち * 2006/12/05 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

>歳希さん
函館ツアーお疲れ様でした♪
江差、もっと時間があればいろいろ回れたのに・・・昔ながらの街並みを再現した「いにしえ街道」とか、いろいろあるんですよ。
冬の函館、行きたいです!!
by: ままこっち * 2006/12/05 21:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

ああ懐かしいですね~☆この松の立て看板、おもしろくなかったですか?「土方君、なんとかだのお…」とかセリフが書いてあって!かなり、ウケたのを思いだしました(笑)
by: jules * 2006/12/04 21:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

やっぱりままこっちさんのレポはいいですね~!
蝦夷地から帰ってきたばかりなんで、心にしみます。
「嘆きの松」まで足を伸ばせなかったので、「嘆きの松」は五稜郭タワーの小泉さんで・・・(笑)
函館の雪模様を見て「きっと土方さんもこの雪を見たのですね?」と思った次第です。

by: 歳希 * 2006/12/04 20:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/870-c19259a6
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。