スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「ワーキングプア」について思う。(前)~ことの本質は何か~
この記事を書こうかどうしようか相当迷いましたが、やはりUPすることにしました。(最近こういうの多いです)
長文のため2回に分けて書きます。

先日NHKスペシャルで「ワーキングプア」の第2弾、を放送していたのを見た。
見た、と言っても隅々までキッチリ見たのではなく、流し見気味ではあった。なぜならワーキングプア、自体は様々なメディアで社会問題として取りざたされており、その意味では「目新しいトピック」ではなかったためである。

私は仕事で採用関係に携わっていることもあり、雇用問題には関心が高い。
ワーキングプア、についてはフリーターや派遣社員等のいわゆる「非正規雇用」が増えていることから、いつかは問題視されるだろうとは漠然と思っていた。

いろんなWebサイトやblogで、様々な意見が出ているが、私個人の考えをまとめてみた。
◆ワーキングプアの本質的な問題
「働いても働いても暮らしが楽にならない」低所得層は昔からある一定割合で存在していたと思う。しかし、その「仕事の内容」自体はおそらく、昔とはだいぶ変わってきているのではないかと思われる。
理由は以下のとおり:

1.技術革新で従来「ヒト」が行っていた仕事が、機械に取って代わられた。
→技術力の向上で従来は実現できなかった高度精密加工などが機械化されている影響はあるだろう。実は2007年問題も結構関係しているのではと思う。特に製造業のライン従事者では、団塊世代の大量退職を控えて、機械化できるものはできるだけ機械化し、マニュアルを整備して「職人のカン」に頼らず、できるだけ言語化し、平易に、標準化するようにしてきた結果、別に「ヒト」でなくてもできるようになってしまった仕事が結構あるのではないだろうか。

2.昔も今も「ヒト」が行う仕事ではあるが、機械化マニュアル化が進んだ結果、「誰もができる仕事」に要求スキルレベルが低下し、結果として「仕事のコモディティ化※」が進んでいる。その結果、目的意識も改善行動もなく、ただ目の前の仕事を黙々とこなすだけでは生み出す付加価値が低く、待遇の改善が難しくなっている。
※コモディティ化、とは付加価値では勝負にならないのでもっぱらコスト勝負になってしまうことを指す。コスト勝負の世界は厳しい。「海外との価格競争」に巻き込まれるケースが多い。
→要因としてはこのほうが大きく、かつ深刻だと思う。
誰かに雇われている「被雇用者」の立場である以上、我々は誰しもが労働力の「供給側」、つまり「売る側」であることを忘れてはならない。
労働市場における価格(=賃金)決定の原理は極めて単純で、他のマーケットと同じように需要と供給のバランスがとれたところで決まる。要するに、ある仕事が低賃金である、ということは、その賃金でも労働力が提供されている状況を意味する。
仕事に要求される能力や職務遂行レベルが特別なものでなければないほど、その仕事を「こなせる、できる」人数=供給者が増えるから、仕事を提供する側(一般的には企業や顧客、依頼者)はさほど高い賃金を設定しなくてもよいわけである。

例えば、人気グループの「SMAP」。今、SMAPに何らかの仕事を頼むとなれば相当のギャランティを支払う必要がある。それは何故か。答えは簡単、「唯一無二」だから。代わりがきかないから。需要が供給を大きく上回っているからだ。

一口にワーキングプア、と言っても、何パターンかあると思われる。典型例は以下だろうか。
1.もう少し待遇の良い仕事をしたいが、当該地域には選べるほど仕事がないので仕方なく低賃金の職務に就かざるを得ない

2.特段の技術やスキルがないため、高付加価値の職務を遂行できない。結果、誰でも出来る低賃金の仕事に就かざるを得ない

3.零細事業者、自営業で海外(特に中国、アジア等)との価格競争に巻き込まれたり、社会構造の変化でニーズが減少したために仕事が激減

このうち、1.は正確にはワーキングプア、ではなく、広い意味で失業者に含まれるかと思う。仕事の数自体が就労希望者の数を大きく下回るからこのようなことになるのだろう。実は、解決するには2や3よりもクリアしやすい状況とも言えるように思う(理由は次回にまとめたい)。
2、3は典型的な「労働力(あるいは人材、仕事)のコモディティ化」がもたらした結果だろうと思う。

では、ワーキングプアから抜け出すことは難しいのだろうか。
私は、必ずしも悲観的にならなくても良いと思う。抜け出す方法がないわけではない。
次回それについてまとめたいと思う。
スポンサーサイト
2006/12/14(Thu) | 日々徒然 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

>ヒロシさん
こんにちは。
今日後編UPしますね。
by: ままこっち * 2006/12/14 22:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

後編を楽しみにしています。
by: ヒロシ * 2006/12/14 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/882-5dcc3db7
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。