スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鍋オフ@銀座を開催しました♪
先日お知らせして参加の方を募集しました「ザ・忘年会!鍋オフ@銀座」を、おととい12/20(水)夜に実施しました♪

こんな感じでした、という報告でございますよ~
会場はこちら
この店をセレクトしたのは、
集まりやすい都心
・食べてみたいイベリコ豚+鍋がメニューにあるところ
で探してHITしたから、なのです。

参加メンバーは:
Akiさんjulesさん、Q太郎さん、まやこさん入潮さんと私(50音順)、の6名でした。

Akiさんとjulesさんは皆さんお馴染みだと思います。
まやこさんは今年の元旦、「組!!」を見てから幕末にハマった方。
Q太郎さんは幕末のみならず鎌倉など他の時代もお好き、とのこと。
入潮さんは説明するまでもない「大鳥スキー」の大御所。
プラス最近ミリタリーヲタにちょっとずつ近づいている??私。そんな人たちが飲み会に集うと、一体どんなdeep話が!?

・・・とワクワクしていたんですけれど、そんなにdeepすぎる話は出ませんでした(笑)
話した内容はいろいろだったんですけど、例えば:
・ヅカ話
・7月の函館、「寒かった~!」「暑かった~!日焼けした!」
・野外劇はやっぱりイイ!
・「五稜星の夢を見るベストな場所」は、実は機内から
・京都検定&「京都にとっての新選組とは歴史のほんの一幕」でしかないのかな・・・
・お墓参りについての考え方
・入潮さんのサバイバル出張エピソード→やっぱり技術はスゴイ!
・幕末は本が多くていいなあ!鎌倉とか古代西洋史なんて選べるほど本がなくて・・・

などなど。

特に私がスゴイ!と思ったのは、入潮さんのお仕事の苛烈さ、です。
入潮さんは発展途上国向けに社会インフラを整備するという、非常に大事で影響の大きなお仕事をされているエンジニアですが、

・今まで一番大変、だったのは?

と聞いてみたら、

・大変、といっても「伝染病にかかった」「測量に行ったら地図が60年前のものだった」「泥水しかないところだった」とか、いろいろあるので・・・

とのお答えに皆ビックリ!!

えっと、「趣味で海外放浪」じゃないですからねーーー!仕事ですよ、仕事!!
いやはや、参りました。私なんぞが仕事でピーピー言ってもただの泣き言にしか聞こえませぬ。頭が下がります、本当に。
他にも、手回し発電機で発電してネット接続、とか。ちっこい電気をつけるにも、人力では何時間も発電機を回さないとダメ、とか。
技術ってスゴイ・・・私も今の仕事は半分技術屋、みたいなものですが、ホンモノのエンジニアはやっぱりスゴイのだ!と感じ入りました。
と同時に、「技術屋としての大鳥圭介」を尊敬する入潮さんのお気持ちの一端を理解できたように思います。

ほかに、歴史ネタでは幕末以外の話。古代ヨーロッパ史に詳しく、何度も欧州に旅行されているまやこさん。いいなあ・・・私なんか米国本土以外の海外なんて行ったことないですよ。一度行って歴史を感じてみたいですね。

と、こんな感じの普通の(笑)オフ会、でございました~
私はQ太郎さんとまやこさんのお2人と初対面でしたが、各々幕末以外の引き出しをお持ちで、新鮮な話題に感じました。

お店は、悪くはなかったんですが宴会シーズンということもあってかなり賑やかだったので、時期をずらして静かにまったり語るのもいいな、と思いました。
イベリコ豚、は味がしっかりしていておいしかったです!鍋以外でも焼いてもいけそう。お取り寄せで頼んでみようかな・・・

参加の皆様、年末ご多用の中お疲れ様でした!
スポンサーサイト
2006/12/22(Fri) | 日々徒然 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
コメント
----

>入潮さん
お仕事の都合でフル参加できなかったのは残念でしたけれど、楽しい時間を共有できてよかったです♪お疲れ様でした!
私も今の会社は膨大な企業情報個人情報を取り扱っている関係で、法令遵守&セキュリティ対策はメチャ厳しいです。そこまでやるの?というところまでやってもまだ安心できない、そんな怖さが常につきまとっています。
その上での仕事ですんで気も使いますが、むしろ使うのはカラダ(笑)所詮仕事なんて体が資本、なのかもしれませんね!
お仕事お忙しいのにお引越しも重なって大変だと思いますが、心機一転、新居で思う存分史料を広げてください(爆)
by: ままこっち * 2006/12/25 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

遅ればせながら、皆様、楽しいひと時をありがとうございました。お会いできてとっても嬉しかったです。
大和撫子って凄いや、と身震いした瞬間でございました。

例に挙げていただいて恐縮です。ああいった類のは、所詮は笑い話、ネタ話にすぎないものでして。
Julesさまの仰るとおり、本当に大変なのは、日本そのもののシステムにあるのだなぁと思います。「善」に対する社会の要求がすさまじく高い。透明性やら説明責任やら効率性やら公平性やらコンプライアンスやらCSRやら個人情報管理やら品質管理やら安全やらを確保するために、膨大な量の事務作業を片付けねばならず、その上で初めてようやく技術に手を出せる。そういうことを皆普通の顔をしてこなしているんだから、日本人ってとてつもなく有能な人たちなんじゃないかと思ったりします。
(いや、平気じゃないから、ストレスとかいういかがわしい言葉が乱用されるのでしょうか…)
その場所にはその場所なりの大変さがある。どんな仕事でも、楽して給料はもらえない、というのは真実だと思いますー。

そして、本質は技術者なのに、器用だから便利者扱いされ雑用ばかり降り注ぐ中間管理職臭さが、大鳥の魅力だと思います(笑)
by: 入潮 * 2006/12/25 18:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

>Q太郎さん
先日はお疲れ様でした~!
初めてお会いしましたが、落ち着いた雰囲気でいらして、私もQ太郎さんのような大人になりたい。。と思いました(恥)
翌日お仕事だったんですね!遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございます。これに懲りずにまた機会がありましたら是非、よろしくお願いします。
by: ままこっち * 2006/12/24 15:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

>julesさん
先日はお疲れ様でした~
後ろのブースのオヤヂ達には辟易、でしたね・・・もうちょっと静かなら話ももっと盛り上がったのに。話題は幕末話はdeepすぎず、丁度良かったと思います。
しかし・・・「日本も外国ではありえないことがいろいろ」とは、深い!多分●●とか●●とかかな?と思いますけど、また次回に(笑)
by: ままこっち * 2006/12/24 15:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさまはじめ皆様、書き込みはじめまして、Q太郎と申します。
イキナリ頭の沸いたようなHNの者が出てきて、申し訳ありません。
先日のオフ会では楽しいひと時を過ごさせていただき、ありがとうございました。
翌日休みのはずが突如仕事になってしまったのですが、このおかげでのりきれました。
これからもよろしくお願いいたします。
by: Q太郎 * 2006/12/24 02:05 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん
先日は、楽しいひと時をありがとうございました。(あれ以上マニアックな、というか、
分かる人にしか分からない話になったら、
ついていけないところでした・・・・爆)

いや~、日本もね~、ある意味、
大変な場所、は、大変ですから~~(笑)
結構、外国ではあり得ないことが、
あり得ますし・・・・・。

要はどこに行っても、なんか起こる、
ってのは覚悟しておかないといけないですね~。



by: jules * 2006/12/23 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

>まやこさん
先日はお疲れさまでした!
私は世界史については高校時代の選択科目程度の知識しかなく、さらに大学入試は理系から文転したクチで英語と数学勝負、でしたので勉強らしい勉強はあまり・・・(苦)
しかしヨーロッパはやはり歴史の長い国が多いですから建物も非常に古いものが多いですよね。日本は戦争で焼かれたりしたものも多かったんじゃないでしょうか(だいたい、退却する時に火を放つし)。京都を空襲対象から外した当時の米軍に大感謝、ですね。
これに懲りずまた機会がありましたらよろしくお願いします。
by: ままこっち * 2006/12/23 14:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、参加者の皆さま、先日はお疲れ様でしたv-425
幕末ファンとしてはまだまだ初心者(まだ一次史料にあたったことがありません)なので、今回の話題はちょうどいい具合でした。

わたしも入潮さんのサバイバル出張エピには驚くばかりでした。
ヨーロッパ旅行なんてホントに甘いと思いました。

でも、ヨーロッパ(特にフランスやイタリア)では日本ではありえない事態ばかり起きます。
ツアー旅行ではそのような事態に遭遇する率は低いでしょうが、個人旅行では結構あります(苦笑)
ヨーロッパに限らず海外で色々な体験をすると、日本は本当に至れり尽くせりの国だな…と心底感じます。

とは言え、ヨーロッパには古い町並みが残っている街が多いのがいいです。
パリでは17~18世紀の建物の部屋が普通の不動産物件として、住宅情報誌に載っています。(日本では考えられません)
でも、古い建物に住むのも苦労が多いそうです。
また、日本の幕末にあたる時期にパリで大々的な都市改造計画が行われ、現在のパリの原形になりました。
今のパリはヨーロッパ留学中の釜さんが見た頃とそれほど違いはないはずです。
古代ヨーロッパ(というより古代ローマ)史も好きですが、フランス大好きなので、コメントで語ってしまいました。
失礼しましたm(__)m

次回はまったりとディープな話ができるといいですね。
今回は本当にありがとうございました!
by: まやこ * 2006/12/23 12:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/892-c19dcfc7
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。