スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「白虎隊」@テレ朝、を見た。※ネタバレあり
えー、2夜連続放送のTV朝日版「白虎隊」を見ました。
前編を見ての感想は書かなかったので、ネタバレ含めて感想を書きたいと思います。

※以下ネタバレあり!注意。おまけに記事長いです※


まず、全体的な満足度。まあまあ良かったかな。と思います。
昨年の某ドラマに比べると全然いいです、私にとっては。
日テレ版
を見ていないからそう言えるんじゃない??と言われそう(滝汗)ですが、日テレ版って全く記憶にない・・・と思っていたらオンエア時、ワタクシ高校3年生@共通一次(ギャー年がばれる!)2週間前、でした。そりゃ完全スルーだわな・・・

まず、良かった点:
・田中君。時代劇意外にイケるかも。
・野際陽子。こういう役どころピッタリですね。「ふでさん」にしか見えませんでしたが(汗)
・山川、梶原、萱野、田中土佐、神保(内蔵助)。家老がたくさん出ていて嬉しかった♪
・山川、セリフ付。テロップもちゃんと出てた。ありがとうーーー!
・大政奉還後の江戸の治安事情について説明があった。新徴組(庄内藩預り)はスルーでしたが・・・
・世良。出すぎ、と思うくらい出番がたくさん(嬉)!しかも、イヤらし~い感じがよかった♪長州弁だったし。
・二本松少年隊。名前だけでも連呼。うう・・・(涙)
・山本八重子。和装で戦っていた。説によれば断髪はしていたようですが、鳥羽伏見で亡くなった弟さんの装束を身につけて戦ったようですんで、この辺はGJなのでは。
・八重子役の中越さん。可愛いのに迫力満点だった。銃も後装式だった(スペンサー銃かどうかは??)
・日光口の戦い。一瞬だけど映してくれてありがとうーーー!ケースケ探しちゃいました(恥)
・西軍の砲撃、小田山らしきところからバンバンぶっ放していた。
・中野竹子がモデルみたいな、浅井小夜子女史。城外で戦っているとき、額に弾が当たって戦死。これもGJ。
泣血氈。取り上げてくれただけでも嬉しい・・・(涙)

突っ込みどころは挙げるとキリがないんですが、一応:
・容保公。元気良すぎ!何だか一番の主戦派、みたい・・・
・新選組はスルーですか。完全スルーですか。。(残念)
・日新館。入学できる年齢は10歳くらいからです(滝汗)
・堺町御門(禁門の変)で、何故か桂さんが最前線に。桂さんはこの作戦に反対していて、「逃げの小五郎」、当日は参戦していないと思うんですが。
・鳥羽伏見。薩長が既にシャグマをかぶっているんですが、シャグマは江戸城にあったものを使い始めたので、かぶっていても江戸城開城以降。
・鳥羽伏見その2。山本覚馬、活躍しすぎ!?禁門の変で目をやられた後、ある意味干され気味で、鳥羽伏見で最前線で大砲の指揮をしていたのは林権助。
・役者の演技がどうこう、ではないんですが、キャスト。西郷頼母、板垣、伊地知、みんな年行き過ぎだと思う。もっと若いですよ皆さん。
・浅野ゆう子。スミマセン!どう見ても「滝川@大奥総取締」にしか見えませんでした(平伏)
・母成峠。母成の会津軍は農兵メイン。あとは旧幕陸軍が布陣していた。※
・西郷邸一族自刃。介錯したのは薩摩藩士、川島信行。(会津武家屋敷では赤いシャグマをかぶっているので、多分それを参考にしたのかな)
・降伏式。降伏の嘆願書を開けた(開いた)のは板垣ではなく中村半次郎。名前も出なかった、ような。。
※追記:旧幕府軍のほか、仙台&二本松兵も布陣しています(すみません旧幕贔屓なもので・汗)
ほかにもいっぱいあるんですけど、まあいいや。

実はこのドラマを見て、一番気になったのは「制作サイドの企画意図」なんです。
一昨日の夜、前編を見終わって公式サイトに飛び、どこかに書いてないかな~と思ったんですが、掲示板の類も含めてそういうコミュニケーションは一切ない。いろいろググってみたりしましたが、特段ニュースにもなっていない感じでした。

何故「企画意図」が気になるのか、といいますと。
ご覧になった方はお分かりと思いますが、ドラマの一番最初と最後に現代のシーンが各々10分くらいずつあり、ここでの山ピーこと山下智久君が演じる「今時の若者&その家族」が登場しています。
ストーリー自体が、「白虎隊・士中二番隊の生還者、酒井峰治の子孫である山ピーが、祖父母の住む会津若松の白虎隊記念館を訪ね、そこで歴史を知る」みたいな感じなんですが、気になったのが
・そういう作りの是非がどうこう  ということではなく
・「何故そういう作りにしたのか」 ということ
なんですねー

というのも尺がこれだけありますんで、作ろうと思えば別のものはいくらでも作れるだろう、と。脚本の内舘さんにお願いする時点で「尺はこのくらいありまして、こういう感じでいきたいんです」という、企画側の意図は必ず伝えていると思うんですよ。

で、最後まで見て私なりに考えた「企画意図」。つまり「何故今、白虎隊なのか。白虎隊をこのスタイルで作ったのか」。
こんな印象を受けました:

・近頃の若者に喝を入れるため。
・最近、「什の掟」について問い合わせが多く、会津に修学旅行に来る学校が増えているので、さらに「ならぬものはならぬ」を全国的に広めたい。
・死にたくなくても死んでいった若い人たちの物語を放送することで、いじめ自殺を少しでも減らしたい。
・親子の絆、親子愛をこの時代だからこそ描きたい。

・・・って感じですかね。
一番最初の「近頃の若者に歴史を知ってもらい、喝を入れる」は、ジャニーズの山下君と田中君をメインのキャストに持ってきた時点で若い人の視聴が期待できるでしょうから、まず成功、じゃないかと思います。

あとの点については。
私はドラマ全体の中でも特に、
・白虎隊の峰治が「死ぬに値する働きができなかった。だからこれからは精一杯生きる」ようなセリフを言っていた  のと、
・会津のお土産「小法師」を使って「どんなに倒れても起き上がる」ことを表現していた
のが印象的でした。そういうメッセージを込めることで、「いじめられても、立ち上がれ。生きろ」ということを言いたかったのかな、とか。
(考えすぎ??)

ということで、私は泣きませんでしたが、全体的には
・何が言いたいのか、はまずまず伝わってきた
・突っ込みどころは満載なるも、史実自体はきちんと追っていた
のでまあ満足、です。

皆さんはいかがでしたか?
スポンサーサイト
2007/01/08(Mon) | 「組!」以外の幕末維新もの映像・演劇 | トラックバック(1) | コメント(18) | page top↑
コメント
----

>鍵付さん
ハイ!私も精進しますので、これからもよろしくお願いします!
今日大変時間のかかっていた箱館レポを久しぶりにUPしました~よろしければご覧下さいネ。
by: ままこっち * 2007/01/10 23:38 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/01/10 22:13 * [ 編集] | page top↑
----

>歳希さん
TBありがとうございました♪
きっと地元福島県民の歳希さんは、私以上に突っ込み所満載のドラマだったのでは、と思います(汗)
ただ、ドラマを見て初めて会津戦争のことを知った人もいると思うので、史実を基本にちゃんとフィクションです、のテロップを入れながらの制作はまあまあGJではなかったかな、と。
私も会津にまた行きたいーーーーですっ!
by: ままこっち * 2007/01/09 23:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

>絵美子さん
確かに出てましたね!河井継之助。ガットリングガン撃ちまくってましたよね。一瞬でしたが。
新選組、旧幕府軍ともに会津にとっては客将でしかないんですよ、所詮。と自分を慰めてみる・・・きっと、出そうと思えば出せたのでしょうけれど、アテる役者を選ぶのが大変だったのでは?大鳥ファンは少ないと思いますが、土方ファンあたりはそりゃ数多くいますしね。
私も、「組!!」(あっついに名前をだしちまった・汗)よりは数倍耐えられるドラマ、でした。まあギリ合格点でいいかなあ、と。
泣血氈は反則ですーーー!!ついでに中村半次郎完全スルー、も(爆)あっ絵美子さんは秋月さんでしたねっ!スルーされた同士、慰めあいましょう(違)
by: ままこっち * 2007/01/09 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、TBありがとうございます!
私もTBさせて頂きました♪
やっぱりままこっちさんらしいツッコミどころが満載で、読んでいて「うん、うん、御尤も!」と思いました。
私的にも、もうちょっとツッコミどころ書きたかったのですが、作り手の意図があるし、まあし仕方ないかな~と☆(山Pカッコ良かったし♪・・・ってジャニ好きはここにたどりついていまうのですが…汗)
泣血氈の場面は、描いてくれてありがとう!!と言いたいですよ~!
ダメだ・・・また会津行きたい病が出てきた・・・(爆)

by: 歳希 * 2007/01/09 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

確か突っ込みどころはたくさんありましたが、あの時代と会津の事情を結構丁寧に描いてくれていたと思います。
「史実に忠実」とはいえないけど、「史実に(それなりに)誠実」には作られていたと思います。
それだけでも「合格」ですよ。
長岡藩も出してくれたし。継さん(と思しき人物)まで!
ただですね、やっぱり「新撰組」の名前くらいは、どっかでちらりと出してくれてもよかったのではないかと…。
いや、ただのファンの我がままなんですが、旧幕脱走軍が参加していたこととかも…。
そしてそして、あそこまで「会津オールスター」を出しておきながら、秋月さんがいないのは何故!?
秋月さん好きなのに~。
と、ちょっと拗ねてみたりしました。
全体のテーマからすれば、どうでもいいことなんですが…。

by: 絵美子 * 2007/01/09 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

>もとりんさん
いやあー突っ込みどころは満載、でしたねホントに(滝汗)
でも、私も事前の期待値がそれほど高くなかったので、まあまあかな。というのが本音の感想です。田中君は思ったよりずっと良かったし。
風林火山、土曜日の再放送を是非ご覧になってください!勘助、めちゃめちゃカッコイイですよ~♪
by: ままこっち * 2007/01/09 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

>yukiさん
ううーん見逃してイタイ度、で言うと風林火山かも(滝汗)
んもーーーメチャかっこいいんですよ、勘助!久しぶりに「漢らしい漢」を見た感じがしました。
土曜日の再放送、お見逃しなく!
by: ままこっち * 2007/01/09 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

>Akiさん
確かに小さい子にまで連呼させてましたねー
あれは演出上、悲壮感を出すため&会津武士道はこんな小さい子にまで徹底して叩き込まれていた、ということを表現したかったのかなと私は思います。
まあそれでも私にとっては、昨年の某ドラマよりはだいぶ良かったと思いました(まだ言ってる・・・)
by: ままこっち * 2007/01/09 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

>きのこさん
制作側の意図が読めない部分もあり、推測にすぎませんが記事に書いたようなことを伝えたかったのかな、と思ってます。それが目的ならば、まあ伝わってはきましたんでよし、とするかな、と。
白虎隊の装備については長くなるので別記事UPします。私は白虎隊に非常に詳しいわけではないのですが、参考になれば幸いです。
by: ままこっち * 2007/01/09 21:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

>まきこさん
そう(涙)泣血氈ですよ泣血氈・・・
もう、あれが出た時点で全ての突っ込みどころが「まあいいや」に・・・クマも可愛かったですね。
まあこのドラマは「いかがなものか」な意見もあるようですが、これをきっかけに会津戦争に興味をもってもらえればよし、とすることにします(昨年の某ドラマにはあんなに怒っていたクセに。大人になったなあ、私)
by: ままこっち * 2007/01/09 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、こんにちは。

ままこっちさんの感想が凄くて、番組が蘇ってきましたよ。
私はあまり詳しくは無いので、そのような見方は出来ないのですが、(勉強不足ですみません)製作意図?がままこっちさんのご推察通りだと思います。はじめはあまり期待してなっかったので(ごめんなさい(>_<)その分、感動しました!おかげで「風林火山」見忘れましたけどね。。。(^-^;
by: もとりん * 2007/01/09 17:14 * URL [ 編集] | page top↑
--感想ありがとうございます。--

ままこっちさん、さっそくの感想アップ(しかも長編(^^))ありがとうございます。
特にままこっちさんの「突っ込みどころ」は、映像が目に見えるようで・・・番組見てないのに見たよーな気分に・・・テレ朝さんごめんなさい(笑)。
ところで時代劇といえば大河「風林火山」。
なんと迂闊にも先日見逃しました(泣)。
元々原作が好きで(由布姫ラブですぅ~)、今回の配役も結構好みだったのにも拘らず、本当についうっかりの予約忘れ。
それだけでもショックなのに、ままこっちさんまでが激賞されてるといういうことを知れば、ぜがひでも見たいというものです。
こーなったら、土曜日の再放送に賭けます!。
by: yuki * 2007/01/09 14:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

ツッコミ所は満載ですが、私もまきこさん同様、
泣血氈に免じてチャラにする!という感じです(笑)。
でも「立派に死ぬ」ってセリフ使いすぎじゃありませんでした?
小さいコにまで言わせて…。
そこまで連呼させなくても、と納得いかないままです。。。
by: Aki_1031 * 2007/01/09 13:13 * URL [ 編集] | page top↑
--教えて下さい--

ままこっちさん、今回の「白虎隊」にはいろいろ批判したいところもありますが、「息子と母の思い」が中心に描かれていたのは良かったかと思います。会津旅で印象に残った、飯盛山に通じる水洞をくぐるシーンが見られたことも感慨深かったです。
自分で調べるべきことなんですが、質問させてもらっていいですか?ドラマでは白虎隊結構戦ってましたね。政府軍も白虎隊の砲撃で(山Pの剣でも)かなり死んでましたね。これってどの位史実なんでしょうか?どうも白虎隊の銃砲は旧式すぎて届かず、ほとんど敵にダメージを与えずに退却して全滅(市中二番隊は)したようなイノセントなイメージが基本だったのですが。甘えてスミマセンが教えていただければうれしいです。
by: きのこ * 2007/01/09 03:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

ままこっちさん、先ほどは、TB&コメントをありがとうございました!
julesさんと同じく、「薬師丸ひろ子がお母さん役!」と、我が身を振り返りつつ見ておりました(笑)
ツッコミ所はたくさんありましたが、泣血氈とクマに免じて許します~(涙)
by: まきこ * 2007/01/09 00:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

>julesさん
時代考証できるほどの知識はないですよーーー!!(笑)
クマ、は可愛かったですね♪うちのチビッコさんも「ワンコが可愛い!」と言ってました。
秋の会津旅行で、お土産の小法師(会津キャンペーンのグッズだと思います)をたくさんもらったので、写真に撮ってUPしようと思いましたがうまく撮れなかったのでやめました。
小法師や、登場人物のセリフに込められた制作意図を正しく理解したいなあ、と思います。
by: ままこっち * 2007/01/09 00:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

さすが、ままこっち大先生!テレ朝の時代考証、やってください♪
私は見る前にいろいろお勉強し過ぎて、ドラマはドラマとして「薬師丸ひろ子ちゃんがお母さんか~」などと、年月を感じながら見ておりました(笑)
でも結構史実に忠実に丁寧に描かれてたんじゃないかな、と思いました。
あと、クマ、がかわいすぎて~(涙)
山P、そのうちきっと、総司やるな☆
by: jules * 2007/01/08 23:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/914-826183d0
新春ドラマスペシャル『白虎隊・第二夜』
『白虎隊・第二夜』見ました。以前アップした写真なのですが、今回再度アップしたいと思います。=== 儀三郎達、白虎士中二番隊20名が通ってきた、飯盛山の洞門 (改) ===追記:この洞門を通り、飯盛山にて自刃した者は20名   飯沼貞吉が一命を取り留め、19名が亡く YUMEのアトサキ ☆歳希の一日☆【2007/01/09 21:24】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。