スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「幕末機関説いろはにほへと」#20、21 ~開陽!&了介っ!
1時間で#20、#21を連続視聴しました「幕末機関説いろはにほへと」でございます。

あるゆさん宅#20の感想記事を先に読んでしまっていたので、
ちょっとー!!!どうなってんのよぅ~

と思いながら視聴したんですが、続けて見てみると危惧していた点については何とか大丈夫でした(ホッ)。
※以下、ネタバレ含みます
えーまず#20「波浪ありて」
タイトルからして江差。だと思うでしょ?開陽沈没in江差、だと思うでしょ??私もそうでした。
しかーし。さにあらず、でした。
松前攻めの話、だったんですようーーーー江差はほんの一瞬でほぼスルーに等しい。おまけに開陽沈没の話は全くもってスルー(滝汗)

#20最大のツボは。
歳さん@福山城攻撃中 のセリフです!

「俺は榎本を信じる」

キャーーーー素敵素敵素敵ーーーきゃ
「いろは」の歳さんはすんごくカッコイイんですけども、ずっとその調子が続いております!作者は絶対歳三ファンだなこりゃ。

お次は最新号の#21「海峡を渡る」です。
開陽はやっぱり江差で沈んでました。一応説明セリフにて判明・・・(それでいいの??)
#21は、要は「宮古湾」なんですけども、それに至る話の組立てがすごすぎる・・・!フィクションってスゴイ!!!

っていうかもうですね、私は今回はさすがに耐えられなかったわけです。
何に、かといいますと・・・

了介のワルっぷり

に、ですよぅーーーー
もうあまりに了介がワル過ぎて。酒は手酌だし。荒井さんが可哀想すぎるっ!!!(ちなみに荒井さんは酒が全然飲めません)
了介は薩摩で一番のお気に入り♪なので、あのキャラはもう耐えられないです・・・ううー。そんなに悪者じゃないのに。
でも、薩摩が目指す姿についてアツく語るシーンは良かったかな。

いいところも勿論あり。
宮古湾に行く前の軍議では、ケースケのセリフが多くて嬉しかったです♪身長もちゃーんと歳さんより低い(歳さんの肩よりは上、だったけど・汗)のはGJ。
あとは勝先生。いろは、では初めて拝見しましたけど、雰囲気は出ていたと思います。もろ江戸っ子って感じの話し方だったし。

いろは、あと5回で終了らしい。
次回は・・・ついに新政府軍の蝦夷地上陸、かな??

スポンサーサイト
2007/03/04(Sun) | 「組!」以外の幕末維新もの映像・演劇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/974-b0da739b
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。