スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「わるいやつら」#最終回 ~意味不明(滝汗)
昨日あっけなく最終回を迎えてしまった「わるいやつら」をオンタイムで見ました。

が・・・

あのー。正直申しまして・・・

意味不明??

だったんですけども。。
※以下ネタバレ
前回の感想で書いた通り、もう完全に原作から逸脱してきてましたんで、最後はいったいどう決着をつけるのかなと思って見たんです。
そしたら、ほぼオリジナルで構成された話だったんですが、どうも通しで見てもよく分からない。

◆意味不明ポイント
・何故チセまで騙す必要があるのか?口封じ??
・裁判での証言内容。結局戸谷センセイが困って社会的地位を失えば、それでよかったの??
・仮釈放で出てきた先生を迎える豊美は相変わらずゴージャスな服装ですが、どうして??どうやって暮らしてるの?
・ラストシーンって、結局豊美は自分が埋められそうになった御殿場の山の中に、センセイを埋めてきたってコトですか??

原作と同じなのは、旧戸谷病院が槇村隆子デザイナー学園になっていて、そこの理事長がシモミーだったという点だけでした。

ううーん
最初~中盤は良かったのになあ。去年のけものみち、と同じ展開だったなあとガックリ。

連ドラとしては中途半端な作品だったのではないかと思います。役者はいい人揃えてるのにぃ~勿体無い!!
尺が長すぎるのかもしれませんね。ワンクールもたせるのが大変だったのかな。。
ならばドラマスペシャル2夜連続くらいで丁度良かったかも・・・(涙)

そう考えると、歴史モノは原作が短くても話を膨らませやすい分だけ、面白く引っ張れますね(Cf:風林火山)。

とにかくこのドラマに関しては、

余貴美子女史に最優秀演技賞を贈りたい!!

の一言で終了したいと思います・・・
スポンサーサイト
2007/03/10(Sat) | その他演劇・映画・TV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/985-cb6d7ed1
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。