スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「華麗なる一族」#10 ~最初からこうだったら・・・
ウダウダ(これとかこれとか)言いつつ、結局最終回までキッチリ見てしまった「華麗」です・・・

こういう行動が結果的に視聴率を担保してるんですかね。そう思うとちょっと悔しいなぁ~録画リピート率は断然「ハゲタカ」が上、ですんで(というかもう華麗は録画してないし)。ハゲタカの3倍見られてるのか、と思うとちょっと寂しい。
以下、最終回&ドラマ全体の感想です。(ネタバレ含みます)
まず最終回なんですが。

先週はあまりの中途半端さに怒りさえ覚えた回、でしたが、今週はだいぶ落ち着いて見ることが出来ました。ほぼ原作どおりの展開だったから安心して見られたんだと思います。役者の演技も含めて、最初からこうだったら・・・

銭高常務の証言で一気に形勢逆転した阪神特殊鋼(皆で「上を向いて歩こう」を合唱したシーンには正直萎え・・・)でしたが、管財人に帝国製鉄が出てきたことで鉄平様含め経営陣は基本退任(一之瀬工場長以外)。ここで提訴取り下げ、となり結局鉄平様は敗者となってしまうわけです。
責任を感じた鉄平は丹波篠山の雪山に籠り、殺生禁止の大晦日の日に自殺してしまう。そして同日、阪神銀行による大同銀行の吸収合併が発表される。。

原作ですともっと悲愴なんです。というのも、合併のニュースを山奥で鉄平が知ってしまうんです。それで積極的に支援してくれた三雲頭取に合わせる顔がない・・・と一晩、悩みに悩んでしまうんです。それを入れ込んで欲しかったなあー(そこがツボなのにぃ)
それから、鉄平の血液型がB型と分かった後の父・大介。役者に文句をつけても仕方ないんですが、甘甘~!原作の大介はもっとクールで、そのクールさが最後の「さらに他銀行と合併させる、次なる計画」との対比が面白いのに。ガックリ。。
あとは頼みの綱の相子女史。寧子夫人の「悪気のない」一言

・あなたもお子さまがあればおよろしかったのに

が炸裂するかーー!?ともの凄い期待を抱いておりましたが、出ませんでした(哀)。これで一気に大逆転~♪の面白いシーンになったと思うんですが。

最終回のツボ!は以下2点。

◆さよなら将軍ロボ(笑)
石を投げつけられてご臨終!?最後まで出るとは思いませんでした。

◆「鬼の副長」、最後にもご登場
警察署で鉄平兄さんの亡骸を前に、銀ちゃんの一言

・兄さんを殺したのは、僕とお父さんです

これって・・・「組!」#31(江戸へ帰る)で、葛山武八郎の亡骸を前にして呆然とする山南さんに、歳三が言うセリフ

・ヤツを殺したのは、俺とお前だ

と全く一緒、ですよね??ですよね??
以前の八甲田山といい、小ネタをちりばめてるのかな・・・と思いました。
その余裕があるなら、もうちょっと全体を何とか・・・

以下は全体の感想です。
もうとにかくこれだけ予算があるんだから、もうちょっと別の脚本と演出でやって欲しかったと思います。
原作者の意図がきちんと反映されていないなら「原案」どまりにしておいて、現代かちょっと前のバブル当時くらいの話に置き換えて自由にやれば良かったかもしれませんね。
結局金融再編と家族の確執、どちらに重きを置くのかが中途半端。その中途半端さが最後まで尾を引いてしまった気がします。
木村君の演技は終盤にかけて良くなって来た(と思う)ので、もうちょっと脚本と演出が何とかなっていれば、もっと視聴者を引っ張れたんじゃないかな、と思うと

残念!に☆5つ(何だそりゃ)

・・・以上です。
スポンサーサイト
2007/03/20(Tue) | その他演劇・映画・TV | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

>もまさん
何か、どうも消化不良というか中途半端というか・・・って感じでした。
山崎さんご自身が原作執筆されるにあたって、「こんなに事前取材に時間をかけていいのか」と思ったほど銀行、金融業界を丹念に調べて書かれた作品だったので、ドラマ化するにあたってその辺は汲んで欲しかったなあ・・・と思いました。
ま、局としてはそれなりに視聴率が取れたんで良かったんじゃないですかね。所詮民放だし(爆)
by: ままこっち * 2007/03/21 23:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

三雲頭取との件は、あっさり終わってくれてほっとしました。
原作の三雲さん可哀相過ぎなので・・・でもだからこそ、あそこまで頑張ってきた鉄平の自殺に繋がるわけで、親子の確執だけでは、政経界の暗部の怖さがうやむやになってしまいますね。
血液型判明シーンは、がっかりでした。
権勢欲と息子への愛情の板挟みが、演技の見せ所だと思ったのに~~
それと、あの展開で、奥様のセリフがどう出るか期待してたのですが(^^;双方いい人モードで、もの足りませんでした。
著名な俳優陣に気を使ったのかもしれませんが、やはりドラマは悪役が魅力無いと・・・
でもまあ、最後まで見られたのだから、それなりに面白さはあったということでしょうね(^^;
by: もま * 2007/03/20 19:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

>julesさん
90分、は必要なかったですよね(汗)普通のドラマでよくある、最終回10分(or15分)拡大スペシャル、で十分。みたいな・・・
木村君最終回は私も良かったと思います。ですので演出と脚本の出来が悔やまれます・・・
結局、美馬&永田大臣が一番「わるいやつら」だった、ということでオネガイシマース!(この辺は原作どおり)
by: ままこっち * 2007/03/20 16:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

原作を読んでなかったのですが、
そういう展開を入れないと、なぜ鉄平が
自殺したのか?がよくわからないですよね~。
90分は間延びしていました。
でも、木村君の演技はよかった!!
全て演出の失敗じゃないでしょうか???
by: jules * 2007/03/20 11:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamakocchi.blog22.fc2.com/tb.php/999-00797501
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。